実写版『アラジン』ウィル・スミス演じるジーニーの「驚きの青さ」にネット騒然!?

日刊大衆

2019/2/13 14:42


※画像はウィル・スミスのインスタグラムアカウント『@willsmith』より

2月11日、俳優のウィル・スミス(50)が自身のインスタグラムを更新。ディズニー映画『アラジン』の実写版プロモーションムービーを公開し、日本のファンに衝撃を与えた。

この日のインスタで、ウィル・スミスは「青くなると言っただろう?」「もっと私の言うことを信用したほうがいい」と英文でコメント。同時に実写版『アラジン』のショートムービーを投稿した。

そのムービーの中には、アラジンの手にした魔法のランプから、ジーニーが登場するシーンも収録。ウィル・スミス演じる魔人ジーニーは、ウィルの言葉通り、全身が“真っ青”になっていた。

このウィル・スミスの“青”を強調する言葉は、昨年先行公開されたジーニーのビジュアルが「あまり青くない」と話題になったことが発端になっているという。

このウィル・スミスのジーニーの姿が公開されると、日本のSNSでも話題沸騰。「ウケる。そりゃジーニーだわ」「めちゃくちゃジーニーすぎて笑った」「こんなん絶対見たい!」「たしかに青いわ(笑)」「予告編だけ見て思ったけど、ハマり役かも」など、見た目のインパクトにツッコむコメントが続出していた。

実写版『アラジン』の日本での公開は6月7日。現時点でこれだけ話題になれば大ヒット間違いなし!?

※画像はウィル・スミスのインスタグラムアカウント『@willsmith』より

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ