日本の父親の育児分担は最下位 5カ国の“ワンオペ”事情

OVO

2019/2/13 13:02


 育児をどう感じるかは、両立している仕事の環境や、母親、父親それぞれの育児負担の割合、福祉制度の充実度やベビーシッターに子供を預けることへの抵抗感など、さまざまな要因が関係してくる。世界5カ国の「ワーキングママの育児事情」に関する意識調査(リンナイ・名古屋市)によると、日本は父親の育児の分担度合が最下位、“ワンオペ育児“と感じているワーキングママは6割を超えた。

目下開会中の国会でも話題に上がる「女性活躍推進」。女性のワーク・ライフ・バランスのあり方が問われているニッポンは、他国と比べてどんな差異があるのか。調査したのは、ワーキングママが少ない韓国(ソウル)、ナニー文化が浸透しているアメリカ(ニューヨーク)、共働きが主流のドイツ、福祉の充実度で有名な北欧スウェーデンと、日本という、様々な事情を抱える5カ国の、25~39歳の働きながら育児をする女性計500人。まず、自分(母親)と、パートナー(父親)の育児それぞれ点数をつけてもらったところ、自分自身への平均点が最も高かったのはスウェーデンで79.5点。日本は最低の64.2点。パートナーへの点数も最も高かったのはスウェーデンで71.2点。最も平均点が低かったのはドイツの41点だった。

育児分担の割合では、日本は母親の割合が5カ国中最も高く、平均して8割近くを母親が担っていた。もっとも、「ワンオペ育児」と感じている母親は、韓国の方が多く81%、日本は66%。パートナーの育児参加が最も多いのはスウェーデンで75%、米国も72%と高く、日本は34%。これと比例するように、育児がとても楽しいと感じている母親もスウェーデンが最多で70%、日本は35%だ。

ベビーシッターや保育サービスなどを定期的に利用しているのもスウェーデンや米国が多く、日本はいずれも利用率が5カ国中最下位だった。

当記事はOVOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ