「友達の家に泊まる」もダメ? お泊まりデートの嘘は親にバレていたかも

しらべぇ

2019/2/13 12:00

(Tzido/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
大好きな人とならば、いつまでも一緒にいたいと思うのが恋心。だからこそ、なんとかしてデートでお泊まりするのだろう。

■お泊まりデート経験者は6割も


しらべぇ編集部では全国20~60代の交際経験のある男女1,313名を対象に、「お泊まりについて」の調査を実施。



「お泊まりのデートをしたことがある」と答えた人は、全体で61.2%と高い割合に。多くの人が、お泊まりデートを楽しんだ経験があるのだ。

■実家暮らしの女性が一人暮らしの彼の元へ


性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。



実家暮らしの女性は、彼氏の家でのお泊まりデートが多いようだ。

「私が実家暮らしなので、一人暮らしの彼の家に泊まることが多い。まさか親もいる私の家に、彼が泊まりに来るわけにもいかないから」(20代・女性)

■親がお泊まりを許さない家も


家が厳しいために、お泊まりを許してくれなかった女性もいる。

「とにかく親が厳しかったので、彼氏とお泊まりなんてできる雰囲気ではなかった。20歳を超えて仕事もしているのに、ちょっと遅くなっただけでも不機嫌になる。

今振り返ると青春らしいことしていなかったので、親に反抗してもお泊まりとかやっておけばよかったなと後悔している」(30代・女性)

■お泊まりデートといえば「親に嘘」


お泊まりのデートで「親に嘘をつく」のは、もはや定番の行為だろう。しかしそんな嘘も、バレている可能性が高い

「彼氏とラブホに泊まるときに、『友達の家にいる』と何度も嘘ついた。ただ母に『毎週だと、お父さんの機嫌が悪くなるから…』と言われ、すっかりバレていることを知った。

自分の子供はまだ小さいから今のところ心配はないけれど、将来、そんな嘘をついてきたらどうしよう。うちの親みたいに、見逃すような寛大さは出せない気がする」(40代・女性)

結婚して子供もできれば、お泊まりデートは家族旅行になってしまう。独身ならではの思い出といえるだろう。

・合わせて読みたい→「優しいけど物足りない彼氏」に悩む女性 「お泊りも避ける」実態に厳しい指摘も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の交際経験のある男女1,313名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ