『僕の初恋をキミに捧ぐ』逞の葛藤に涙も、繭との密着シーンに萌えた第4話

#ドラマに恋して

2019/2/13 17:00

※画像は、『僕の初恋をキミに捧ぐ』公式Twitter より


みなさん、ドラマ好きですか?

当連載『#ドラマに恋して』はドラマ好きの方に、ドラマの感動シーンや共感できるポイント、イケメン俳優の萌え仕草などみんなが思わずキュンキュンしてしまうシーンをご紹介します。

今回ご紹介するのは、2月9日に放送された”僕キミ”こと野村周平さん&桜井日奈子さんW主演『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系、土曜よる11:15~)の第4話です。

『僕キミ』ってどんなドラマ?



原作は累計発行部数800万部を超える青木琴美の同名少女漫画。過去に井上真央さん&岡田将生さんW主演で映画化もされた人気の作品。

重い心臓病を患い”20歳までしか生きられない”高校生・垣野内逞(野村周平さん)と、逞の病を何とか治そうと模索する幼なじみ・種田繭(桜井日奈子さん)が運命にあらがおうとする純愛ストーリーです。




ネタバレ注意!第4話のあらすじは?



第4話ではこうなった
お互いの気持ちをハッキリさせるため「放課後、公園の高台に来て」と提案した繭。しかし逞は高台ではなく、照(馬場ふみかさん)の入院している病院へ行く。逞は逞で、繭のことが好きだから照とは付き合えないという気持ちを伝えるために彼女の元に向かったのだった。
そして病院に到着し、逞が照に正直な想いを伝えまさにその場を立ち去ろうとした時、照の身体に異変が。照は発作を起こしてしまい、若くしてその命を落とすこととなってしまったのだ。逞は「どうして俺は照ちゃんを好きになれなかったんだろう」と何度も後悔の念に駆られた。

一方、公園の高台でなかなか来ることのない逞を待つ繭。そこに現れたのは、繭に想いをよせる昴(宮沢永魚さん)だった。「いつまでも来ることのない逞を待たずに、俺と付き合え」と訴えかける昴に、繭は複雑な心境になりながらも「忘れさせるために、私を抱きしめてください」とポツリ一言。2人が抱き合ったまさにその時、逞が遅れて到着。逞はその様子を見つめることしかできなかった。後日、照が亡くなった事実を知った繭は逞を心配して声をかけるも、逞は「繭が側にいてくれても俺の病気は治らない」と冷たく言い放ち、2人の関係は「単なるクラスメート」へと変化。依然としてお互いを強く意識しながらも……。

そして時は流れ1年後、文化祭の準備にいそしむ逞と繭たち2年B組のクラスメートは、ファミレスでミーティングを行う。その最中現れたのは、大学生になった昴だった。繭との煮え切らない関係にケリをつけようと、お泊まりのドライブデートを提案し、逞の視線が気になりながらも繭はOKを出す。行ってほしくない気持ちが強いにもかかわらず「俺が何か言える立場じゃないし」と素直になれない逞。「行くなって言って欲しかったのに」と思う繭。2人の気持ちは相変わらずすれ違うだけだった。

後日、昴と繭がドライブデートを行っている日に、逞は両親とともに病院へ。主治医である穣(生瀬勝久)は、心臓病の経過は順調であるものの、将来的に心臓移植の道を探ってはどうか?と提案した。これに逞は明るい表情を見せ、生きる希望を初めて感じるようになる。いの一番に繭にも伝えようとしたが、すぐには電話をかけるのを躊躇う。そしてまさにその瞬間、逞のスマホに着信が。なんとそれは、昴と繭の乗った車が交通事故にあったという連絡だった……。


逞の葛藤に涙も、繭との密着シーンに萌えた第4話


「照ちゃんとは付き合えない。繭が好きなんだ」

そう照に告げる逞、その言葉がきっかけになったかのように旅立ってしまった照。

「なぜ照ちゃんを好きになれなかったのか」と同じ病で悩む友人以上の存在である照の死に自分を責める逞。また、死への恐怖もよみがえります。

そして高台で待ち続けていた繭の元へ行くが、逞への想いを諦めた繭と昂さまが抱き合っているところを目撃してしまう。

・繭の元に行っていれば……
・照ちゃんを好きになっていれば……
・病気にさえなっていなければ……

そんな複雑な思いを独りで抱え込む逞の姿は視聴者としても心配になるぐらい切なくなります。そして繭の声(想い)も届かない。涙が止まらないです。

今回は久々に繭と密着!?

複雑な心境の描写が多かった第4話ですが、最大の萌えポイントもありました。それは繭が忘れ物をし、夜の学校に逞と忍び込み、見回りの警備員に見つからないように教卓の下に2人で潜り込むシーン。

「俺の心臓がドキドキいっていた。繭に鼓動が聞こえるくらい」

すごくベタなシーンですが、これまですれ違いだった2人のことを思うとこちらも嬉しくなってしまう描写でした。こんな恋したかったなぁ……

繭の久々の「バカ逞!」も聞けて良かった。



第4話のTwitterでの反応は?



第4話の視聴者の感想はどうだったのでしょうか。Twitterに寄せられたコメントを厳選してご紹介します。














ドラマ初期は原作との乖離から批判の声が目立った本作品ですが、徐々にファンの心を掴んできているようで、絶賛の声や続きが見たいという声が多くなってきました。

ちなみに原作者の青木琴美さんもコメントを寄せています。



そうなんです。実は僕キミは全7話なんです。今後も見逃せないですね。

どうなる第5話!?



事故に遭った繭と昂さまはどうなったのか?

また、第5話では、逞と繭がスキー場でいい感じに。

ただ、そんな2人の関係を阻むのは親心……?

気になる次回も、ぜひ、お見逃しなく!!



見逃し配信サービスも!



第4話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で2月16日(土) 22:00まで無料で配信。この機会をお見逃しなく。




(執筆:クラン子)

※本記事内のInstagramやTwitterなどは、各サービスの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ