<めるも12星座占い>彼の星座別 バレンタイン必勝法!





もうすぐバレンタイン♡気になる彼が喜ぶのはどんなチョコ?どんなシチュエーションで渡せばうまくいく?

そんなバレンタイン必勝法を【彼の12星座別】でレクチャーします!

( 占い/桜井セシル)

おひつじ座の彼(3/21~4/20生まれ)



女子からチョコをもらっただけで、「ひょっとして俺のこと、好きなのか?」と勝手に勘違いしてくれるハッピーボーイ。そんな彼ですから、そんなに気合いの入ったチョコを用意する必要はありません。

安チョコでも「これ、すっごく美味しいチョコなんだよ。よかったら食べてね!」と、明るい笑顔とともに渡して。今年は、ほかの人にもチョコを配りながら「◎◎さんには“おまけ”つき(カードやラッピングが違う)」とか「特別に2つあげる」など、彼だけを特別扱いするのがおすすめです。

深刻な愛の告白よりもずっと、あなたが気になって仕方なくなるに違いありません。

おうし座の彼(4/21~5/21生まれ)



おうし座の彼は手作りチョコも嫌いではありませんが、結構グルメ。うっかり料理下手がバレるとかえって評価を落とすので、知る人ぞ知る高級ショコラティエのチョコを渡すのがベター。少量で高価なものほどいいですよ。

美味しいチョコをもらうと、彼は「これは結構、本気かも」と期待して、ホワイトデーのお返しを頑張ります。

渡すタイミングとしては、朝顔を合わせたとき、もしくは帰り際に。わざわざ呼び出されると身構えてしまうので、できるだけナチュラルなシチュエーションを作りましょう。そうすれば、しみじみ嬉しさがこみあげて、あなたの印象が彼の中で深まります。

ふたご座の彼(5/22~6/21生まれ)



ふたご座の彼には、有名ブランドのチョコが刺さります。そこそこ知名度のある高級チョコをあげると、「これって絶対、本命チョコだよね!」と期待してくれるはず。ちなみに、恋人同士でもない限り、手作りにはほとんど関心がないので止めておきましょう。時間の無駄です。

普段は“友だちノリ”のフランクな雰囲気を好みますが、今年のバレンタインに限っては、二人きりの場所で渡すのが効果的。呼び出して「これ、よかったら受け取って」と、王道の告白コースがベストです。

照れ隠しに冗談めいたリアクションをするかもしれませんが、ちゃんと真剣に考えてくれますよ。

かに座の彼(6/22~7/23生まれ)



かに座の彼を落とすキーワードは、“あなたのために”。チョコレートよりもほかのお菓子が好きなら、それをあげてもいいですし、彼のために手間暇をかけた感じがする手作りブラウニーなどもおすすめです。

今年のバレンタインは、ただでさえロマンチストのかに座男子が、さらに拍車をかけてロマンチストになる星の配置なので、可愛いラッピングに心のこもったカードを添えて渡しましょう。

ちなみに、冗談っぽく渡すのは絶対NG。あなたの本気度が伝わるほどいいので、できれば彼を呼び出して、きちんと告白をしたいところ。

素直な想いを伝えれば、彼は真摯に向き合ってくれますよ。

しし座の彼(7/24~8/23生まれ)



チラ見せの恋心でも伝わるかと思いきや、意外と“どんくさい”のがしし座男子。そのかわり、言葉の裏など考えず、なんでも額面どおりに受け取る素直さがあるでしょう。

つまり、彼には『ストレートな愛情表現ほどうまくいく』ということ。チョコレートは手作りだろうが既製品だろうが、高かろうが安かろうが関係ありません。好きだからチョコをあげる、その事実だけが重要なんです。

2月14日前後は彼の仕事が忙しいので、「お疲れさま。これを食べて元気出して♡」とか、「少し時間ができたらご飯に行こうね!」など、可愛らしい言葉とともにチョコを渡して。

女子にとっては歯の浮くようなセリフでも、彼の心には確実に響きます。

おとめ座の彼(8/24~9/23生まれ)



おとめ座の彼は、基本的にバレンタインのような浮かれたイベント(?)にはあまり興味を示しません。でも、今年は違うんです! クールな彼にしてはめずらしく、チョコをもらっただけで、その相手を異性として意識してしまいます。

手作りはさすがに“重い”と感じますが、シンプルで美しい高級チョコをあげると「わ、めっちゃときめく!」と恋に落ちるはず。

シチュエーションとしては、「ちょっと渡したいものがあるんだけど……」という王道パターンがベスト。わざわざ告白をしなくても、その状況とチョコの雰囲気から、あなたの気持ちを読み取ってくれるでしょう。

てんびん座の彼(9/24~10/23生まれ)



てんびん座の彼は、恋人でもない相手からいきなり本気チョコをもらうと、困ってしまうタイプ。しかも真顔で告白されたりしたら、頭はフリーズ、心はブリザードの“どん引き”状態に。

この彼ばかりは、バレンタインでどうこうしようと思わないほうがいいでしょう。すでに彼と親密な場合か、当たって砕けろの猛者のみ参戦してください。

そんな人なので、片想いの場合はとりあえず、“義理チョコで様子見”がベター。おしゃれなラッピングの安チョコを、いつものお礼として渡すと好感度がアップします。

さそり座の彼(10/24~11/22生まれ)



愛されたい男子ナンバー1のさそり座は、バレンタインにチョコレートをもらうと、それだけで大喜びする感激屋さん。どんなにクールな表情をしていても、心の中では全力でガッツポーズを決めています。

「こんな僕を好きになってくれるなら……」と、あなたを一気に意識するでしょう。

そんな彼ですから、チョコの内容は問いません。それよりも、渡すときに「今度、食事に行きませんか?」とか、彼が得意な分野を「今度、教えてほしいな」など、彼のアクションを引き出すような言葉を添えると、心の距離が近づきます。直接言いにくい場合は、メッセージカードも有効です。

いて座の彼(11/23~12/22生まれ)



バレンタインに「これ、よかったら……」とか「受け取って」的な言葉を聞くと、心の中で思わず「ん? それで、どうしたいの?」と突っ込みを入れてしまうのが、いて座男子。

彼に重要なことを伝える場合は、結論から。つまり、バレンタインで本気チョコを渡すなら、言葉は『付き合って!』の一択です。基本的に女性心理をさっぱり理解しないので、チョコよりも、彼がYESかNOで答えられる言葉を用意しましょう。

それで「NO」なんて言われたら……と、心配になるかもしれませんが大丈夫。それはその日がNOというだけで、また翌日には変わるかもしれません。何度も好意を伝えることで、「この子といると、結構楽しいかも!」と思ってくれます。

やぎ座の彼(12/23~1/20生まれ)



どんなに人当たりがソフトでも、意外とプライドが高いやぎ座男子。彼は12星座一の“お殿さま”男子です。しかも今年のバレンタインは、その特徴が強化されています。

ということは、“下々の者が、舶来のチョコなるものを献上する”のが正しい姿勢。チョコは高級チョコ、ラッピングも素敵なほど喜ばれます。また、そのチョコがどんなに入手困難か、世間で高い評価を得ているか、そのようなウンチクも付け加えると、殿はますますご満悦でしょう。

もちろん彼の人柄や、普段の行動などを褒めたたえるのも忘れずに。今年のバレンタインは『とにかく彼を持ち上げる!』、彼ファースト、それが成功の秘訣です。

みずがめ座の彼(1/21~2/19生まれ)



チョコをもらうのはうれしいけれど、そこで完結しやすいのが“みずがめ座男子”。普通に渡すと、「ありがとう!」と笑顔でお礼を言われてそれっきり……なんて展開が待っています。

彼は基本的に空気が読めませんし、また読もうとも思っていません。ですので、バレンタインにすべてを賭けるのではなく、毎日がバレンタインのつもりで、こまごまと小さなプレゼントを贈り続けるのがおすすめです。

彼は、相手のアクションを待つ人よりも、勝手に動きまわる人が好き。そんな彼ですから、手ごろなお菓子や飲み物を2~3日に1回手渡して、“餌付け”するのがベスト。

やがて彼は、あなたが近くにいないと寂しく感じ、そこから恋へと発展します。

うお座の彼(2/20~3/20生まれ)



うお座男子は、口では「バレンタインなんて!」と言いつつも、毎年チョコをもらえるかどうか、朝から密かにドキドキしているチャーミングボーイ。

彼が喜ぶのは、女性らしさを感じるプレゼント。しかも“大人の女性”というより、“乙女的なもの”がいいでしょう。ふわふわのリボン、ハート型、パステルピンク、そんなディテールを意識すると、彼の心をつかめます。

ですから、わざわざ高級チョコを買う必要はありません。チョコそのものの品質よりも、ラッピングが超重要。「いつもありがとう」と、ごく普通の義理チョコっぽく渡しておいて、中身が乙女なラッピングだと、彼はあなたの気持ちが知りたくて、どんどん気になってしまいます。

決戦は明後日!みなさんが素敵な恋をGETできることを祈っています。

こちらもぜひ読んでみて!






あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ