櫻井翔 「嵐」5人でのグラミー賞鑑賞を告白「朝から晩までずーっと5人でいます」

 「」の櫻井翔(37)が11日、月曜キャスターを務める日本テレビ「news zero」で、米ロサンゼルスから生中継で出演。米音楽界最高の栄誉とされる「第61回グラミー賞」の発表・授賞式を「嵐」のメンバー5人でそろって鑑賞したことを明かした。

 櫻井は同番組のキャスターとして第61回グラミー賞や米国の音楽事情を取材、リポートした。櫻井はグラミー賞の授賞式について「初めて生で見ることができました。ドレスコードもあるんですけど、アーティストのみならず、観客の方もドレスアップしていて、とても華やかな空間でした」としみじみ。「普段耳にしているアーティストのパフォーマンスは圧巻だったんですけど、今年は特に女性アーティストの活躍が印象的でした」と感想を語った。

 番組のエンディングでは「実は今回のグラミー賞なんですけど、嵐のほかのメンバーも一緒に来てました」と5人での鑑賞を告白。「5人での海外というと、15周年のハワイ以来なんですが、海外ですから、朝から晩までずーっと5人でいますので、とてもいい時間を過ごすことができました」と笑顔。「グラミー賞の最中は、メンバーと演出がなんだ、照明がなんだと、話していまして、5人そろって観客の立場として何かを見に行くというのもなかなかないので、とてもいい刺激をたくさんもらいました。いい時間でした」と充実の表情を浮かべた。

 番組の有働由美子キャスターから「嵐の今後のパフォーマンスもまたちょっと変わってくるんですかね?」と質問を受けると、櫻井は「そうですね、本当に勉強になるところもたくさんありましたし、個人的に言うと、音楽番組の司会もさせていただいていますので、こういうふうに番組を作っていきたいなというヒントがありましたね」を話した。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ