あだち充「MIX」大山春夏役は花澤香菜 ラブコメ感満載の新ビジュアル完成

アニメハック

2019/2/12 00:00

“四角関係”を予感させる第2弾キービジュアル
“四角関係”を予感させる第2弾キービジュアル
(C)あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro
 あだち充氏の人気野球漫画をテレビアニメ化する「MIX」の追加キャストが発表され、花澤香菜の出演が明らかになった。あわせて、第2弾ティザービジュアルも公開された。

累計発行部数750万部を超える同名原作は、あだち氏の代表作「タッチ」の30年後の明青学園を舞台に、親の再婚によって兄弟になった立花投馬と走一郎が甲子園を目指す物語。投馬役を梶裕貴、走一郎役を内田雄馬が演じ、走一郎の実妹で、投馬とは血の繋がらない義理の妹・音美役を内田真礼が担当する。

花澤が演じるのは、新体操の選手で、幼い頃に投馬に出会っていたという少女・大山春夏。あだち作品ならではのヒロイン像のため、「野球観戦や野球を描く作品が大好きなのでとてもれしかったです。ただ、原作を読ませていただいて、春夏ちゃんに憧れを抱いている方がたくさんいらっしゃるのだろうと思い、責任重大だと感じています」と率直な思いを明かす。

さらに、あだち作品への思いを「ひと言ひとコマで気持ちをわしづかみにされてしまう、あだち充先生作品に参加できるのが本当に幸せです。先生の世界にどっぷり浸かりながら楽しみたいです」と述べ、そのうえで「原作を読み込みながら収録を心待ちにしています! 明青学園野球部の戦い、4人の絶妙な青春模様、タッチとの運命的な繋がり、見どころ満載のこの作品がアニメでどんな風に描かれるのか、皆さまぜひお見逃しなく!!!」とアピールしている。

第2弾キービジュアルは、芝生に寝そべる投馬、走一郎、音美、春夏が描かれ、4人の“四角関係”を予感させるラブコメ感満載のデザインに仕上がっている。「MIX」は、読売テレビ・日本テレビ系で4月6日から毎週土曜午後5時30分放送。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ