今年40歳のジャニーズが「若すぎる」と話題! Dr.高須幹弥に聞く、一番若見えのアイドルは?


【第80回】「高須幹弥センセイ、若見えのポイントって何ですか?」

ジャニーズアイドルたちも、年月を重ねれば当然歳をとる。18歳でデビューした「KinKi Kids」の堂本光一と堂本剛、16歳でデビューした「V6」の森田剛と三宅健も、それぞれ今年で40歳を迎えるそうだ。

40歳といえば、世間一般では、これまでの人生の紆余曲折が見た目に渋みを加え、いわゆる“中年オヤジ”と呼ばれる年齢。しかしこの4人は、「見た目が若すぎる」「40歳に見えない」とジャニーズファンの間で話題になるほど、中年オヤジ感が漂っていない。一体いくつくらいの若さを保っているのだろうか?
高須クリニック名古屋院院長の高須幹弥先生、不惑の年とは思えない4人の中で、見た目年齢がいちばん若いのは誰ですか?

■森田は髭を剃るとキンキより若い

ジャニーズは、顔が小さく肌の綺麗な童顔で、身長も低い人が多いから、実年齢より若く見える人がほとんどですが、この4人が40歳に見えないポイントとして共通しているのは、白髪がないことと、太っていないことです。白髪は染めれば誤魔化せますが、体型はそうはいきません。普通の男性は40歳になると代謝が落ち、脂肪を蓄えやすいカラダになるので、必ずと言っていいほど太ります。そんな中、彼らは10代のころと変わらない体型を維持しているため、中年っぽく見えないというのはあるでしょうね。

そのうえでそれぞれの見た目年齢を挙げると、堂本光一さんと堂本剛さんは32~33歳くらい、森田剛さんは34~35歳くらい、三宅健さんは28~29歳くらいなので、4人の中でいちばん若く見えるのは三宅さんです。

三宅さんは毛穴の開きなどもないきれいな肌をしていて、顔が小さく、ゴツゴツしていない丸みのある輪郭をした童顔なので、実年齢よりかなり若く見えますね。歳をとるとまぶたが垂れて目が細く小さくなっていくので、ほどよい幅の二重で開きのいい大きな目も、より若さを印象付けていると思います。

一方、4人の中でいちばん見た目年齢の高い森田さんは、色が黒く、肌も少し荒れているし、オールバックにしていることが多い髪型や、髭のイメージで、実年齢にまあまあ近い見た目になっています。ただ、背が低くて顔も小さいので、髭がなければさらに3~4歳くらいは若く見えるはず。髭を生やす男性のほとんどが、自分を強く見せたいとか、若く見られるのがイヤだと思っているので、森田さんも、若く見られたくなくて、あえて生やしているのかもしれないですね。

彼らが40歳に見えないのは、日々の積み重ねも大きいのではないかと思います。例えば、オーバーカロリーの食事は、皮脂の分泌を増やしてニキビや肌荒れにつながるので、きれいな肌を保つためには、バランスの取れた食生活と、食べ過ぎないことが大切です。また、紫外線に当たるとシミや小じわが増えるので、紫外線予防も徹底しているかもしれません。ダイエットにもなる適度な運動は成長ホルモンの分泌を促すので、新陳代謝も促進されて肌がきれいになり、若さを保つことができるんですよ。ほかにも、タバコは末梢の血管が収縮して血流が悪くなり、肌の劣化を促進するので吸わない、お酒もタンパク質を分解して肌の張りが失われやすいから飲みすぎないなど、彼らがどの程度気を付けているかはわかりませんが、見た目の若さを保つための何かしらの努力はしていると思います。

よく「芸能人は人から見られるから見た目を若く保っていられる」なんて言われますが、ただ見られるだけで若さを保てるわけではありません。芸能人がいくつになっても若く見えるのは、“見られる立場”という自覚から、高い美意識を持って、ダイエットを頑張ったり、ライフスタイルに気を遣ったりと陰ながら日々努力している結果。それは芸能人に限らず、人から見られる職業の人みんなに言えることです

高須幹弥(たかす・みきや)
美容外科「高須クリニック」名古屋院・院長。オールマイティーに美容外科治療を担当し、全国から患者が集まる。美容整形について真摯につづられたブログが好評。
公式ブログ

当記事はサイゾーウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ