原因はセルフ方式? コンビニのドリップコーヒー愛飲者が少数派の理由は

しらべぇ

2019/2/11 18:30

(west/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
コンビニでも美味しいドリップコーヒーが買えるようになった。お手頃な価格も、コーヒー好きにはうれしいところだろう。

しかし「コンビニで買うならカフェで買う」人も多く、どれくらいの人がコンビニでドリップコーヒーを購入しているのだろうか。

■コンビニのドリップコーヒー愛飲者はわずか


そこで、しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,664名を対象に「コンビニの利用について」の調査を実施。



「コンビニのドリップコーヒーをよく飲む」と答えた人は17.7%と、意外にも少ない結果だった。

■コンビニのドリップコーヒーは男性ファンが多い


性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。



缶コーヒーから、ドリップコーヒーに乗り換えた人も多いだろう。

「昔は缶コーヒーをよく飲んでいたけれど、同じくらいの価格でドリップコーヒーを飲めるからお得。1日2杯飲むこともあるし、かなりお世話になっている」(30代・男性)

一方でコーヒーがそれほど好きではない女性は、当然ながらあまり利用しないようだ。

「コーヒーは、かなり甘くしないと飲めないタイプ。そのためコンビニで飲み物を買うときに、コーヒーを買おうとは思わない。基本的には水とかお茶とか、糖分がないものを買うことが多い」(20代・女性)

■会社の1階にコンビニがあるので…


会社員と専業主婦(夫)を比べると、12.4ポイントも差があることがわかる。



会社の近くにコンビニがあれば、手軽に活用できる。

「会社の1階がコンビニになっているので、気分転換したいときにコーヒーを買いに行く。残業で長丁場になりそうなときは何回も足を運んでいるので、かなりのカフェイン中毒かな…」(40代・男性)

■セルフ式のドリップコーヒーが怖い


コンビニのドリップコーヒーを買ってみたいものの、セルフ式のものは怖いとの声も。

「自分で入れるのは、よくシステムがわからないので怖い。ちょっと前に100円のコーヒーに150円のカフェラテを注いだ人が逮捕されていたけれど、私はわざとではなく本気で間違えそう。そんなニュースを聞いて、さらに買う勇気を失ってしまった」(40代・女性)

ボタンを押すだけなので、一度買えば理解できそうだが…。

・合わせて読みたい→100円コンビニコーヒーに150円カフェラテを注いだ男が逮捕 「セコすぎる」と批判相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ