竹内涼真が衝撃的な姿を披露!別人レベルの進化で片手ダンベル40kgも納得!?

messy

2019/2/10 16:00


 2月5日に竹内涼真が自身のInstagramを更新。トレーニング中の写真を投稿したのだが、筋肉がものすごいことになっておりファンを驚かせた。

長身ながら、どちらかというと細マッチョなイメージが強かった竹内涼真だが、今回の写真では完全に細マッチョの域を超えている。しっかりと太い筋肉がついており、ガッシリとした体型に。女性ウケする筋肉かどうかはわからないが、“細マッチョ”では満足せずストイックにトレーニングを重ねたのだろう。筋トレ初心者が一朝一夕で到達できるものではない。

そんな彼の現在の姿には、「本当に竹内涼真?」「もはや誰だかわからない」「完全に別人」といった声が。余りの変貌に困惑するファンが多く、「そんなにムキムキになってどうするの?」などとも言われている。確かに俳優としての竹内涼真にここまでの筋肉が必要なのかはわからないが、彼にとって“筋肉をつけること”自体が目的なのかもしれない。

竹内は昨年あたりからホリプロ所属のトレーナー・仲田健とトレーニングに励んでおり、8月には片手ダンベルベンチで40kgを上げるまでに成長。仲田も自身のInstagramで、「凄い!! 約3カ月前にトレーニングを始めた時は、片手10kgしか上がらなかったダンベルベンチが、40kg上がる様になりました」と大興奮していた。

しかし約3カ月で片手ダンベル40kgはあまりにも凄すぎるため、筋トレガチ勢からは「さすがにこれは信じられない」「本当に40kg上げたの? 証拠見せてよ」「失礼だけど、どう考えても20kgいけばいい方だと思う」と疑う声が。また当時の竹内涼真は今より腕が細めだったため、「その細腕で40kg上げれるとは思えないな」などとも指摘されている。

とはいえ高校時代は東京ヴェルディのユースチームで活躍していた竹内涼真なら、体の基礎ができているので可能かもしれない。一時期は『陸王』(TBS系)の役作りで減量していたが、すぐに筋肉を取り戻せた様子。もともと体育会系なこともあり、メンタル的にも“トレーニング慣れ”しているのだろう。

今の筋肉量なら、片手ダンベル40kgも素直に納得できるのではないだろうか。一体何を目指しているのかはわからないが、筋肉は裏切らない。

当記事はmessyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ