宇垣美里アナ TBS退社後は「アナウンサー以外の仕事もやってみたい」

 3月いっぱいで退社するTBSの宇垣美里アナウンサー(27)が10日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(前9・54)に生出演。退社後について「アナウンサー以外の仕事も機会があったらやってみたい」と話した。

 昨年12月にスポニチ本紙が退社を報道。宇垣アナは、今月5日にパーソナリティーを務めるTBSラジオ「アフター6ジャンクション」(後6・00)で、3月いっぱいで退社することを発表していた。

 宇垣アナは沖縄からの中継で登場。沖縄に滞在している理由は「のっぴくならない理由で」と明かさなかった。退社後の所属事務所については「検討中」という。一部で噂されている爆笑問題の所属事務所、タイタンの社長で、太田光(53)の妻の太田光代社長(54)は「うちではありません」と否定した。

 宇垣アナは 入社5年目で、学生時代に「ミスキャンパス同志社」グランプリに輝いた美貌の持ち主。リポーターを務める「サンデージャポン」ではアニメのコスプレ姿や歯に衣(きぬ)着せぬコメントでファン層を拡大。「週刊ヤングジャンプ」の表紙とグラビアを飾るなど、「アイドル顔負け」といわれるルックスと、オタク系女子と呼ばれるインドアな趣味のギャップが話題となり、異色のアナウンサーとして注目を浴びる機会が増えていた。

 ◆宇垣 美里(うがき・みさと)1991年(平3)4月16日生まれ、神戸市出身の27歳。同志社大政策学部卒。2014年にTBS入社。「ひるおび!」(火曜)、「サンデー・ジャポン」、ラジオ「アフター6ジャンクション」(火曜)などに出演。雑誌のコラムの連載を古舘伊知郎に称賛されたことも。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ