安藤なつ、千秋&光浦靖子と食事会 「黒いなつさんカッコイイ」の声

お笑いコンビ・メイプル超合金の安藤なつが、ツイッターで千秋やオアシズ・光浦靖子と食事をしたことを報告した。2人より約10歳年下の安藤は、「御馳走になってしまいました」と恐縮している。

千秋が主催するハンドメイド集団「ハローサーカス」は現在、初の全国ツアー真っ最中である。「ハローサーカス」は可愛いにこだわったハンドメイド作品を扱う店舗を持たない期間限定のコンセプトショップで、2月21日から24日の4日間は北海道(札幌ロフト)に初上陸する。一方、ホルスタイン・モリ夫(モリマン)ら手先の器用な人たちを集めた「ブッス!手芸部」の部長・光浦靖子は「ハローサーカス」とも繋がりが深い。昨年8月渋谷ロフトで行われた「ハローサーカス」には、スペシャルゲストとして光浦の作品が展示された。

安藤なつは番組のロケで光浦と一緒に毛糸をぐるぐる巻いて作るマスコット「動物ぽんぽん」に挑戦したり、プライベートで「ハローサーカス」に足を運んでいる。8日の『安藤なつ(メイプル超合金)mapleandonatsu ツイッター』で公開された“小顔”の先輩2人との食事会でも、こうしたハンドメイド談義に花が咲いたのかもしれない。

フォロワーからは「女子会、楽しそう美味しそう」「なつさんは、ホント交友関係が広いですね」「黒いなつさんカッコイイ」「何でみんなお肌ツヤツヤピカピカなの~羨ましい」など、紫の衣装ではない安藤なつの姿が新鮮に感じた方もいたようだ。

画像は『安藤なつ(メイプル超合金) 2019年2月8日付Twitter「先日、千秋さんとオアシズ光浦さんとお食事会。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ