「もりみち病院」“お札”飛び交う熱狂の初ライブ!道井悠ファンへ感謝で「良い人たちばっかり」

News Lounge

2019/2/9 18:01


 声優・道井悠と森千早都によるユニット『もりみち病院』が1月26日、東京・渋谷のチェルシーホテルで初ライブ「もりみち病院ライブオペレーション『∵-ナゼナラバ-』」を開催し、全17曲で観客を熱狂させた。

『もりみち病院』は、2016年5月に結成。その名の通り“病院”の世界観を持っているユニットで、道井が医師、森がナース姿で、客を患者に見立てて、相談してくるお悩みを大喜利のような爆笑トークで解決して楽しませている。今回のイベントは昨年10月に発売となった1stミニアルバム『ナゼナラバ』の発売を記念したもの。

会場には生バンドのセットが組まれ、開演時間になると、ギターの右近輝明氏がギターをかき鳴らしながら観客たちを煽りまくり『もりみち病院』の2人の登場へ向けて、場内を熱くする。その盛り上がりが頂点に達した時、スポットライトに照らされた2人がステージに姿を見せる。

幕開けの1曲目は『OIL KING♡』。“石油王と結婚したい”という無茶苦茶なテーマをもとに作られたロックな楽曲で、タテノリもありと、場内のボルテージは一気に最高潮!曲中にはコール&レスポンスもあり、2人が石油王ぐらいしか買うことのできなさそうな“お願い”をすると、観客たちはフェイク、もしくは本物のお札を宙に舞わせながら「プレゼントしてあげる!!」と、レスポンスをして、一体感もバッチリな雰囲気となった。

続けては、森が「格好良いのいっとく?」というと、『Here i am』を披露したり、3曲目は森がソロで『シド』の楽曲『嘘』を熱唱。そのままMCへ突入し、森が「はぁ、ドキドキした。でも、みんなの視線がすごく優しかった」と、感謝すれば、4曲目『不思議の国のわたしたち』は、2人と観客とともにタオルを回して楽しみ、そのダンスの最後には2人で腕を大きく上げてハートを作って、視線を釘付けにした。

5曲目からはゲストの高井舞香にバトンタッチ。手のひらサイズのフラッグが観客たちの手で振られるなかポップな感じの『月明かりランデヴー』、切なさを帯びた『メロウアウト』ではミニ拡声器を使った演出でパワフルな歌唱をすると、「作詞・作曲も自分でやっております。心を込めて歌うので、最後まで聴いてくれたら嬉しいなと思います」と、気持ちを伝えつつ「せっかくの生バンドがいるので、学生に戻ったような気持ちで」と、『JUDY AND MARY』のカバー曲『そばかす』を歌い上げていた。

その後、高井はミドルテンポの『KIro』、バラード調の『すき。』、『Up and Downな僕たちは』と、彼女の世界観を感じさせる構成で楽しませた。そして、『もりみち病院』に戻って『愛だの恋だの』、『ASIAN KUNG-FU GENERATION』のカバー曲『ソラニン』を今度は道井がソロで歌い上げ、歌い終えた後に、森は「格好良かったよ」と、声をかけて、これには道井もニッコリだった。

ライブ終盤には、スペシャルゲストに小川祥平を迎えることに。客席からは「小川!」と、熱のこもった声で迎えられた小川は、観客にハイタッチしまくると、森とともに『FLOW』の楽曲『GO!!!』をデュエット。道井はパフォーマーとして、観客たちを煽って、盛り上げに一役買ったりするなか、小川は「みんな大好きだ~!」と絶叫したりとテンションを上げまくっていた。

ここまで気持ちもアガる曲の多い構成だったが、14曲目には『Wind Climbing ~風にあそばれて~』をしっとりした歌唱へ。もりみちの二人の関係を表しているようだということでチョイスしたそうだが、曲終わりあたりの「♪君と生きてく~」の部分では、2人それぞれ指をさし合うエモーショナルな振り付けも見られるものとなった。

アンコール前ラストには新曲『Break through』を熱唱。そのままアンコールへと突入するのだが、“ツンデレ”な観客が多いのか再びの「小川!」コールや、「森!」「道井!」コールなどが何度か沸き起こり“もりみち”が出ず場内は笑いにあふれる。そんな観客の“遊び”もありつつ、ついに「もりみち!」コールが起こると、満を持してライブTシャツにお色直しし2人がステージに再登場!

アンコール1曲目は『病名不明』を歌いきり、今回のライブの振り返りへ。道井は「1部、2部でライブをさせて頂いたのが初めてで、1部では10曲も歌って!みなさんと一緒に音で遊ばせて頂きました」と、走り切ったことにしみじみで、森は「一体感があって、後ろは後ろでバンドがいて楽しいし、前は前でファンの方がいて楽しいし。すごい楽しかった!始まるまで不安に思っていたんだけど、始まったら滅茶苦茶楽しくて!みなさんのおかげです!」と、ニッコリ。

さらに道井は、今回のライブで苦戦した部分へダンスを挙げ、前日も森と入念に打ち合わせもしていたエピソードも披露したり、ここから再び加わった高井がライブの特徴にファンの温かさを挙げ、これに森が「患者と書いて“オタク”と読む!」というと、道井は「うちの“オタク”たちは良い人たちばっかりだよ!自慢の“オタク”たちだよ~!」と、メッセージを寄せ拍手が返っていた。

ラストは『UNISON SQUARE GARDEN』の名曲『シュガーソングとビターステップ』を全員で大合唱!観客たちは『OIL KING♡』のときの“お札”も取り出し、お札が飛び交うなか、熱狂の一夜は終演を迎えていた。

■セットリスト
 M1:OIL KING♡
 M2:Here i am
 M3:夏の幻(1部)、嘘(2部)
 M4:不思議の国のわたしたち
 M5:月明かりランデヴー
 M6:メロウアウト
 M7:そばかす
 M8:KIro
 M9:すき。
 M10:Up and Downな僕たちは
 M11:愛だの恋だの
 M12:バラライカ(1部)、ソラニン(2部)
 M13:気分上々↑↑(1部)、GO!!!(2部)
 M14:Wind Climbing ~風にあそばれて~
 M15:Breakthrough

EN1:病名不明
 EN2:シュガーソングとビターステップ

「もりみち病院」“お札”飛び交う熱狂の初ライブ!道井悠ファンへ感謝で「良い人たちばっかり」

「もりみち病院」“お札”飛び交う熱狂の初ライブ!道井悠ファンへ感謝で「良い人たちばっかり」

「もりみち病院」“お札”飛び交う熱狂の初ライブ!道井悠ファンへ感謝で「良い人たちばっかり」

当記事はNews Loungeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ