和牛・水田は本当に理屈っぽいか検証 正論でドッキリ仕掛け人もタジタジ

 お笑いコンビ・和牛が、8日放送の『金曜☆ロンドンハーツ2時間SP』(テレビ朝日系/金曜20時)に出演。水田信二の知られざる人間性がドッキリによって明らかにされた。

【写真】よしもと芸人 “ほぼギャング”な10年前の写真が話題

今回は、昨年のM‐1ファイナリスト7組にドッキリを仕掛け、その知られざる人間性を検証するという内容。和牛については、水田の潔癖&理屈っぽさを検証することに。ニセの雑誌取材でカフェに呼び出し、荷物を置ける場所がなかったらどうするのか、またテーブルに水滴がついていたらどうするのかウォッチング。

すると水田は、バッグを膝に載せて取材に応じ、その直後に水滴に気づくと、濡れおしぼりで拭き始めた。さらに今度は紙ナプキンで乾吹きをスタート。スタジオからは「細かい!」「姑やん」といった声が聞かれた。

続いては温泉宿の食リポへ。もちろん、これもドッキリで、ニセの料理人が厨房で献立メモをツバをめくったり、食材に向けてクシャミをすると、元料理人の水田は言葉には出さないものの、ぶ然とした表情。さらにそんな料理人が作ったという「おにぎり」はそのまま食べず、鍋のつゆをかけて食べていた。

だがニセの仲居が「こだわりのお米なので白米で食べて」と訴えると、水田は手が触れていない内側のお米だけを食べていた。

最後は、取材のために入った喫茶店で、水田のファンだという男性客から「お金を貸してくれ」と言われたときの反応を観察。会計の際、支払うべき2200円が手元にないことに気づいたファンが水田に「貸していただけませんか?」と懇願。急なお願いに水田が「(今、もし貸しても)返すタイミングないですよね」などと正論をぶつけるが、最後は当初より多い2500円を貸していた。

だが、その男性はさらにバイト先に駆けつけるためのタクシー代要求。すると水田は「それは貸せません。バイト先に事情話して遅れますっていえばいい」「自転車で行けるでしょ」「これ以上言ってくるならさっきの2200円も返してくれ」「バイト先に怒られるよりも、僕にさらに借りるほうが楽ってことですか?」などと冷静に理詰め。その理屈っぽさに仕掛け人もタジタジだった。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ