クリス・ヘムズワース、俳優を諦めなかった理由が素敵すぎる

経済誌『Forbes』が昨年発表した最もギャラの多い俳優ランキングで、6450万ドル(約70億円)で4位にランクインしたオーストラリア出身のクリス・ヘムズワース(35)。ソー役で『アベンジャーズ』シリーズに出演するなどハリウッドの売れっ子だが、俳優を諦めてオーストラリアに帰ろうとしたことがあると語った。

ハンサムで190cmの長身、美しい肉体を持つことで人気のクリス・ヘムズワースは、2009年に公開された『スター・トレック』に出演し、ハリウッド映画デビューを果たした。その後、2011年の『マイティ・ソー』で主役のソーを演じ、以降はマーベルのスーパーヒーローが集まる『アベンジャーズ』シリーズ、『スノーホワイト』(2012年)、『ゴーストバスターズ』(2016年)に出演して、華やかなキャリアを築いている。

しかしそんなクリスにも、大きく葛藤した時期があったという。『スター・トレック』出演後に俳優業を諦めようとした過去があると『Men’s Health』3月号に語った。

「(俳優を)やめようと思っていたんだ。演技はいつもしたいと思っていたし、お金ができたら最初に両親の家(のローン)を払ってあげたいって思っていた。父に一度『(ローンを)支払いきれると思うか?』って聞いたことがあるけど、『正直、全く思わない』って返事だった。だから、オーディションを受けまくっていたよ。そうしているうちに僕の気持ちが変わったんだ。ある時は、オーストラリアに帰ろうって思ったりしたものさ。それでもこれが最後と思ったオーディションでは、『父の家のためにやろう。自分自身のことよりも他の人のために(俳優を続ける)理由を考えよう』って。その(最後の)オーディションは『キャビン』(2011年)で、仕事をもらうことができた。その後は『レッド・ドーン』(2012年)、『マイティ・ソー』と続いたよ。」

ハリウッドで活躍し始めて10年が経ったクリス・ヘムズワース。キャリアを築く中で、徐々にありのままの自分を好きになっていったという。「『どんな人になるべき? 成功するためにどんな性格であるべき?』って思うのをやめようとしてきたけど、『偽ることなく自分らしくいよう』って気持ちを切り替えたんだ。そうしたら物事が変わり始めたよ。もっと幸せだって感じるようになったね」とコメントしている。

親のために俳優を続ける決意をしたクリス・ヘムズワース。現在は兄ルーク(37)、弟リアム(29)も俳優として活躍しており、俳優一家となった。クリスは妻で女優のエルサ・パタキー(42)と3人の子供を育て、兄ルークは妻サマンサさんと4人の子供をもうけた。末っ子リアムは女優兼歌手マイリー・サイラスと昨年12月に結婚したばかりで、兄弟3人皆、公私共に順調そうだ。ヘムズワース家の両親は子供達のことをとても誇りに思っているだろう。

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ