食べ残し、賞味期限切れ…「食品ロス」、どのくらい意識してる?

TOKYO FM+

2019/2/9 12:00

中西哲生がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。投票企画「クロノスVote」では、さまざまなテーマでリスナーの投票と意見を募集しています。今回のテーマは「食品ロス、どのくらい意識していますか?」でした。毎年問題になっている、節分の「恵方巻き大量廃棄問題」。節分だけでなくクリスマスのケーキや、バレンタインのチョコレートなど、消費期限が切れる前に捨ててしまうなど、問題は山積みとなっています。今回はアンケートで、食品ロスに関する意識を聞いてみました。


※写真はイメージです

Q.食品ロス、どのくらい意識していますか?
たまに捨てるモノが出ます。(意識度 中) 54%
食品の無駄は出していません。(意識 大) 39%
食品捨ててしまうこと多々あります。(意識度 小) 7%
(小数点以下は四捨五入)

半数以上の回答が、「たまに捨てるものが出る」という結果に。番組に届いたメッセージを紹介します。

◆「たまに捨てるモノが出る」という人のコメント

「家では食品を捨てるようなことはありませんが、勤務しているパン屋さんでは、毎日大量に捨てています。会社の指示は、余らせるように作るとのことなので。商品の数が少ないと、余りもののように感じて売れなくなるからと言われています。一生懸命作ったものを捨てられるのは悲しいです」

「無駄にしないよう、意識はしていますが、生鮮食品、特に野菜を腐らせてしまうことがあります。対策としては、多少割高でも、小さなものを買うようにしています。また、ヨーグルトや納豆など確実に食べきるもの、冷凍食品などは、お店の食品廃棄が減るように、なるべく消費期限が少ないものを買うようにしています」

「保育園で給食を作っている者です。給食でも、食品ロス問題は深刻だと思っています。毎日どのくらい残食があるのかデータを取り、年末年始やお盆の時期は、あらかじめアンケートをとって登園人数を把握して食材発注量を抑えたりと、できるだけロスがでないようにしています。それでも毎日残食分は廃棄しています。一番大切なのは、捨てることが当たり前にならないことだと思います」

「消費期限、賞味期限、あまり気にしていません。自分の目と鼻を信じて、多少切れても食べています」

◆「食品の無駄は出していない」という人のコメント

「当たり前のことですが、買い物をするときに、自分が食べられる量だけ買って、最後まで材料を使いきるようにしています」

「我が家では、余ったものは漬けます。鍋などで余った白菜などは浅漬けにして、お刺身も食べられないものも“漬け”にします」

◆そのほかのコメント

「某コンビニを手伝っています。陳列してある順番で、前にある商品を買ってくださるお客さんが大半ですが、中には、奥にある商品をほかを押しのけてまで取っていかれるお客様がいます。当然陳列がぐちゃぐちゃになり、期限切れで大量廃棄になったりしています」

「たまに捨てるものが出てしまう」という回答が半数を超えた、今回のアンケート。届いたメッセージでは、使いきれる量だけ購入するなどの工夫をしているといった声がありました。また、食品関係の仕事をしている方は、大量廃棄の問題をより深刻に感じているようでした。

アンケート結果やその他のテーマについては、こちらから確認できます。

【番組概要】
番組名:クロノス
放送日時:毎週月~金曜6:00~8:55
パーソナリティ:中西哲生(月~木)、速水健朗(金)
アシスタント:綿谷エリナ
番組Webサイト: http://www.jfn.co.jp/ch/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ