トランスフォーマーばかりのバンド“The Cybertronic Spree”



日本語で言うところの“ヴィジュアル系”と呼ばれるバンドは昔から数多く存在します。古いところだと、アメリカの“キッス”が有名でしょうか。日本では“聖飢魔II”や“X JAPAN”の登場以降、数多くの”ヴィジュアル系”アーティストやバンドが誕生しています。

“Immigrant Song” (Live) – The Cybertronic Spree (YouTube)

https://youtu.be/UcjiYn3xXMg

世界を見渡すと、バンドメンバー全員が『トランスフォーマー』に登場するサイバトロンのキャラクターになりきっている『The Cybertronic Spree』というバンドがあったりします。



レッド・ツェッペリンの『移民の歌』を熱唱する“The Cybertronic Spree”。ボーカルはアーシーでしょうか。女性のようです。





なんか重そうなコスチュームですが、軽々と演奏してますね。



お客さんもノッてきています。

日本でもアニソン歌手さん達が、こういったコスプレをしてアニソンを披露すると、より盛り上がりそうな気がします。『マジンガーZ』のコスプレした水木一郎さんとか、『新世紀エヴァンゲリオン』の登場人物のコスプレしたバンドが『残酷な天使のテーゼ』を歌うとか、あっても不思議じゃないんですけどね。遊園地のなんとかショーみたいなところで需要がありそうな気がするのですが……。逆になんでないんだろう? 権利関係なんですかね。

※画像:『YouTube』より引用

https://www.youtube.com/watch?v=UcjiYn3xXMg

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ