サンドウィッチマン、好感度1位の秘密は事務所の社長にあり?

※画像は、『有吉弘行のダレトク!?』公式Twitter より


2月5日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(関西テレビ系)に、サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしが登場。売れない時代によく食べていたという貧乏飯や、好きな芸人ランキング1位を獲得をしたことについて語った。

草の根運動は「してないですよ!」



先月、サンドウィッチマンの事務所に父・英樹と共に移籍した高橋真麻。有吉弘行に「正直、英樹さんは嫌だったでしょう?」と聞かれると、伊達は「いやいやいや、とんでもございません。ただびっくりしましたよね」と必死で否定。「サンドウィッチマンを筆頭としてやってた村にさ、急に偉い人が出てきたでしょ、生態系がね」と山崎弘也が振ると、「忘年会とかはあんまり来ないでほしい」と富澤は思わず本音を漏らした。

売れない時代に10年間同居していた伊達と富澤には、昔よく食べていたという懐かしの貧乏飯があるという。丼飯の上に大量のもやしと紅しょうがをのせた「もやしのナムル丼」が登場すると、「もやし2キロ買ってきて、毎日もやし料理」だったと当時を振り返った二人。懐かしの味に「ウマーベラス!」とカメラ目線の富澤と、「おいしい。このもやし丼はよく食ってたからね」と感慨深げな伊達。貧乏料理は食べたことがないという真麻に、「死にたくないって思ったことないでしょ」と富澤はツッコミを入れていた。

昨年、明石家さんまを抑え、好きな芸人ランキングで1位を獲得したサンドウィッチマン。「好感度が半端じゃないもんね」という山崎に伊達は「これはほんとに、なぜなのかわからないんですよ」と困惑の表情。「さんまさんを抜いたんだからね」と山崎がかぶせると、「いやいや、だって別にね。何もやってること変わらないわけじゃないですか」と伊達。「草の根運動みたいなしてないの?」と尋ねられると「してないですよ!」と大笑い。

有吉が「今日もスタッフに社長がお菓子配ってたぜ」というと、「その影響かしら?可能性はありますね」「もしかしたらそれが効いてるのかもしれない」と、自分たちの好感度を作り出しているのは社長であると納得した様子の伊達と富澤だった。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ