TBS宇垣美里アナ、退社発表前の収録で不満吐露「や~めよ」

※画像は、『夢なら醒めないで』公式Twitter より


2月5日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)では、TBSアナウンサーの宇垣美里がフリー転身を発表する5日前に収録した番組内で、MCのくりぃむしちゅー・有田哲平らにTBSに対する不満などを漏らしていた。

宇垣「タレントになったら厳しいのかな」



突如TBSの退社を発表した宇垣は、その発表5日前に収録された番組内で、本来ならTBSの女子アナがこなせるアシスタント役を、あえてフリーアナウンサーに依頼するというTBS側に対し「外注しがち」と不満を漏らした。「私たちでいいじゃないか」というTBS女子アナを代表して「やらせて頂ければ、みんなそこそこ力を持っていると思うんですけど」と訴える宇垣。

前回の放送で、ホラン千秋に向かって「想像力が足りないのかな?」など、失言でネットを騒がせた宇垣だったが、番組での露出は減ったものの、グラビアや雑誌のコラムなど社外活動をして忙しくしているという。そんな宇垣に、フリーアナウンサーの大橋未歩は「ここまで人気があるとやっぱり『フリーにならない?』とか言われたりしないんですか?」と質問。これに宇垣は「ホントに私、入社した当初から言われてきてたので、一年に何回言われてるか数えるようにしていて、一年で100回以上言われたらか『や~めよ』って思っていつもこうやってカウントしてます」と打ち明けた。

そんな宇垣に有田は「ホントマジで辞めたらいい」と言い、大橋アナも「辞めてフリーになってからTBSに恩返しすればいいのよ」と先輩として助言。これらの意見に悩んだ宇垣は「TBSは外注が多いんだよ」という有田の一言に「それですね」と納得した様子。

そんな宇垣も「私はいちスタッフだからこそ出尻が減ってもいいから『これは絶対に間違ってる、この言葉は言わない』とかが今はできますけど、タレントさんになったら難しいのかな?とは思いますよね」とフリー転身に対するリスクにも悩んでいた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ