関ジャニ∞横山裕が『なにわ男子』に嫉妬!「彼らは遠慮しないんですよ」

※画像はイメージです


2月3日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に関ジャニ∞の横山裕、大倉忠義が登場。彼らが妬んでいるという後輩グループを明かし、スタジオにも登場したその後輩達を徹底的にイジり倒した。

横山「こいつら爪痕残そうとしてる」



「私あの人を妬み嫉みましたSP」と題された今回は、ゲストがそれぞれ憎いと思っている芸能人を紹介。横山と大倉も「待ってました」とばかりに、ハイテンションでその芸能人の名前をあげたが、それは何とジャニーズ事務所の後輩グループでもある『なにわ男子』!

横山は「僕ら10月から関西ジャニーズjr.(なにわ男子)をプロデュースしてまして、頑張っててすごい人気なんですよ」となにわ男子を紹介。これにMCの東野幸治は「現役でやってるのに後輩のこと考えて、お正月休み返上してやってるもんな、スゴいよな」と、横山と大倉を褒める。

しかし続けて横山は「よー考えたら、僕らがデビューした時より全然すごくて」と、妬んでいる理由を徐々に明らかにしていく。

「衣装とかものすごいキラキラなんですよ。曲も『ダイヤモンドスマイル』とか横文字で。僕らデビュー曲『浪花いろは節』ですからね」と笑わせる横山。さらに「先輩に馴れ馴れしいんですよね。『洋服くださいよ』とか言ってくるし、先輩とご飯食べに行っても僕らは2回までしかおかわりしなかったのに、彼らは遠慮せず何回もしますしね」とクレーム。

そしてスタジオには、『なにわ男子』のメンバーが登場。横山と大倉が側につく形で彼らの自己紹介が始まると「(7人もいるので)グっと詰めて自己紹介せな使われへんからな、グッと!」とクレームはどこへやら、先輩らしくアドバイスする横山。

東野が「君らは明日から『なにわ男子』だって言われたんでしょ」とグループ名について聞くと、メンバーの長尾謙社は「小学2年生でもわかる、覚えやすいですよね」と返答。これに横山は「声のトーンが爪痕を残そうとしてるなって思いますよ」と指摘し、これにはなにわ男子全員が「やめてくださいよー」とツッコんでいた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ