推しチョコを作ろう!『鉄血のオルフェンズ』三日月さんに捧げる火星ヤシケーキ


「おたスケ」。それはオタクのスケジュールであり、あなたのお助けとなるスケジュール。ハシビロコ流・オタクの休日スケジュール、教えます

こんにちは!アニメ大好きライターのハシビロコです。本コラムではオタクライフを満喫したい方のお助けとなるような時間の過ごし方を、私・ハシビロコがお伝えしていきます。

いよいよ近づいてきた2月14日のバレンタインデー。チョコの準備はお済みですか?

チョコを贈る相手は、本命だけとは限りません。義理チョコ、友チョコ、そして自分用チョコ。中には大好きなキャラクターのために推しチョコを用意する方もいるのではないでしょうか。某庭球の王子様たちへ贈るチョコは、もはや社会現象と化していますよね。

そんなわけで、今回はバレンタイン直前企画として、推しチョコ準備のためのおたスケをご紹介します。

推しをイメージしたチョコを選んだり、手作りしたり。そんな至福の時間を過ごそうではありませんか!

【おたスケ1】チョコを贈る相手を決めよう!





まずは推しチョコを贈る相手を決めましょう。私は今回、大好きな『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の主人公である「三日月・オーガス」にチョコを贈りたいと思います。



実は『鉄血のオルフェンズ』には、通称「バレンタイン回」と呼ばれる話があります。それは2016年2月14日に放送された第19話「願いの重力」。

地球降下を目指す鉄華団と、それを阻止しようとするギャラルホルンがぶつかり合う、という戦闘シーンが熱い回です。放送から数年たつのに未だに録画データが消せない……。

あらすじだけ見るとバレンタインとは何のかかわりもありませんが、アニメの20分10秒付近で、鉄華団の危機に救いの手を差し伸べたマクギリスに対し、三日月が「あんたチョコレートなの?」と尋ねる場面があります。

以前マクギリスと三日月は会ったことがあり、その際マクギリスがチョコをくれたことから「チョコレートの人」と呼ぶようになるのです。

放送日がちょうどバレンタイン当日ということもあり、「バレンタイン要素を入れてきた!」とTwitterで密かに盛り上がりを見せた回です。

三日月・オーガスは(私は敬意をこめて「三日月さん」と呼んでいるのですが)個人的に歴代ガンダム作品の中で1、2を争うほどに好きなキャラクターです。(ちなみに争う相手は『∀ガンダム』のロラン・セアック。)

本編内でも甘いものが大好きだった三日月さんに推しチョコを贈りたい!……ということで、どんなチョコにするのかイメージを膨らませていきます。

【おたスケ2】作品を見返してチョコのイメージを決めよう!



チョコを贈る相手を決めたら、本編や資料集からヒントを探っていきます。相手が好きな食材や、食に関する本編のエピソードがあるとチョコのイメージを固めやすいです。

三日月さんの場合は、好物に「火星ヤシ」という実があります。火星の過酷な環境でも育つ栄養価の高い実で、それをドライフルーツにしたものを三日月さんは常に持ち歩いています。まれに激マズのハズレもあるのだとか。

公式ガイドブックによると、この火星ヤシの正体は、地球でいう「ナツメヤシの実」だそうで。私も『鉄血のオルフェンズ』が放送されていた時期は、家に火星ヤシを常備していたものです。



ナツメヤシをドライフルーツにした「デーツ」は、ガンダムカフェの『鉄血のオルフェンズ』コラボ期間に「火星ヤシ」の名前で提供されていました。写真は以前提供されていた三日月さんをイメージしたコラボドリンク。火星ヤシもセットになっています。

やはり三日月さんに贈るチョコには火星ヤシが欠かせません!ただ、火星ヤシは単体でもかなり甘いので、ここにチョコをかけただけだとおいしくなりそうもありません。三日月さんは気にせず食べるのでしょうが……。

ガンダムのパイロットである彼が短い補給時間(※1)でもすぐに食べることができて、なおかつ味のバランスもいいレシピを考えてみたところ、思い当たったのがパウンドケーキ。

小さめに切ればサッと食べることができ、コックピット内に持ち込むことも可能です。ドライフルーツとの相性もいいはず。チョコ成分が薄れますが、そこはココアパウダーを入れてカバーしようと思います!

(※1)短い補給時間
『鉄血のオルフェンズ』では、戦いの途中にモビルスーツのスラスターのガスや装備の交換のために、旗艦に戻ってくるシーンがあります。補給を受けるのはパイロットも同じ。鉄華団の給仕長アトラお手製のお弁当などで、コックピット内で空腹を満たすのです。しかし戦況は刻一刻と変わるので、ゆっくりとしてはいられません!手早く補給を済ませ、三日月さんたちはまた戦線に戻っていくのです。

【おたスケ3】素材を集めに行こう!



用意するチョコのイメージが固まったら、素材を集めに出かけましょう。もちろん家にあるものだけでまかなえる場合は、必須の工程ではありません。

ところで材料のことをついつい「素材」と呼んでしまうのは私だけでしょうか……。



三日月さんの好きな火星ヤシ(デーツ)はカルディなどの輸入食品を置いているお店で買うことができると思います。

お店にもよりますが、値段は100gでだいたい300円前後。種ありと種なしのものが売られていますが、加工が楽なので今回は種なしを選びました。



ついでに本編内でチョコレートの人・マクギリスが持っていたテントウムシのチョコレートに似たものを見つけたのでこちらも購入。あとで火星ヤシケーキと一緒に三日月さんにお供えしようと思います。

【おたスケ4】推しのことを考えながらチョコを準備しよう!



素材が集まったら、いよいよ推しチョコ作りスタートです!

今回は平日の仕事が終わった後でも作れるよう、簡単なパウンドケーキ作りのレシピを本やインターネットで調べ、そこにアレンジを加えてみました。

調理時間は約40分。その内30分は焼いている時間なので実質10分くらいで作りました。

火星ヤシケーキの作り方



分量(18cmのパウンドケーキ型1つ分)
・卵 1個
・牛乳 大さじ3
・サラダ油 大さじ3
・ココアパウダー 小さじ2
・ホットケーキミックス 約100g(少ないと思ったら粉を増やしてOK)
・火星ヤシ(デーツ) 好きなだけ

※甘さが足りないと思ったらお好みで砂糖を足してください。



まずは『鉄血のオルフェンズ』のサントラをBGMにして、デーツを細かく刻みます。

おすすめはチョコレートの人が救援に来たときにも流れていた「Mobile Suit Gundam : Iron-Blooded Orphans」。聴くたびに鳥肌が立つほどかっこいい曲です。



次に三日月さんのことを考えながら卵を割ってよく混ぜます。にじみ出る涙がボウルに入らないように注意しましょう。



卵が混ざったところで、孤軍奮闘する鉄華団に救援物資を届けるイメージでココアパウダー、牛乳、サラダ油を投入します。

このあたりでオーブンを180度に予熱しておくと、このあとの工程がスムーズに進みます。



さらにホットケーキミックスと刻んだ火星ヤシを入れます。今回は三日月さんが喜ぶと思い、火星ヤシの量を少し多めにして砂糖の代わりにしました。



パウンドケーキ型に生地を流し込み、「地球の重力って、すごいんだな」という第19話の三日月さんのセリフを思い出しながら型を落下させて空気を抜きます。



余熱が完了したオーブンに入れ、30分ほど焼きます。待っている間に『鉄血のオルフェンズ』の好きな話数を見返すとちょうどいいです。

焼きあがったら粗熱をとって、食べやすい大きさに切り分けます。ラップに包んでひと晩寝かせるとしっとりするので、お好みのタイミングで切ってみましょう。

【おたスケ5】記念撮影をお忘れなく!





推しチョコ最大のイベントが記念撮影。本人が目の前にいるわけではありませんが、その分身であるフィギュアなどのキャラクターグッズを用意すると気分が盛り上がります!



そんなわけでできあがった火星ヤシケーキと、マクギリスからもらったという設定のテントウムシチョコ、三日月さんのフィギュア、そしてスピンオフである『3丁目のおるふぇんちゅ』から三日月さんネズミのフィギュアも並べて記念撮影。

ハッピーバレンタイン!三日月さーん!!

撮影後は推しの代わりにおいしくいただきましょう。



火星ヤシは単体で食べると黒糖の塊のような甘さなのですが、甘さ控えめのケーキに入れるとちょうどいいアクセントになります。べたつく感じもあまりないので、とても食べやすかったです。

これなら三日月さんも美味しく食べてくれたのではなかろうか……!

たとえ推しがもうこの世にいなくとも、好きな気持ちは届くはず。みなさんも今年は推しチョコを用意して、バレンタインを楽しんでみてください!

WRITER

  • ハシ ビロコ
  •        

  • アニメとドイツ語とハシビロコウを愛するフリーライター。アニメ好きの両親のもとに生まれたオタク2世で、幼少期はCCさくらとガンダムSEEDを見て育った。趣味でハシビロコウブログを運営中。■ブログ:https://hashibiroco.wordpress.com/ ■Twitter: @birocohashi

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ