TBS退社の宇垣美里アナウンサー、あらゆる噂の原点「コーヒーぶちまけ事件」の理不尽

wezzy

2019/2/7 13:05


 TBSの宇垣美里アナウンサーは今月5日、アシスタントを務めるラジオ『アフター6ジャンクション』(TBSテレビ)に生出演し、今年の3月末でTBSを退社すると発表した。昨年12月に一部スポーツ紙が「来春でTBSを退社する」と報じており、その際は沈黙を保っていた。

番組の冒頭、宇垣アナは「宇垣、やっめま~す」と明るく宣言。「皆さんにお伝えできてなくて本当に心苦しかったんですけれども、ようやく各所整理がつきまして」「今年の3月末でTBSテレビを退社することになりました」「ちょっとパタパタと飛び立ってみようかなという風に思っております」と説明した。

宇垣アナがTBSを退社するのではという噂は、前々からネットメディアなどが伝えていた。そのため、パーソナリティーのライムスター・宇多丸が「ネットニュースというものは本当のことが書いてあるんですね」と冗談交じりに言うと、宇垣アナは「時々ね、そういうクリーンヒットを放ってくれるんですけど」と笑う。しかし続けて、ネットニュースへの不満を吐露した。
宇垣美里アナはネットニュースに「バカかって思っちゃうんですけど」
 宇垣美里アナは一所に留まっていたくない性格だと言うが、TBSに関しては「5年間も同じところにいるので、私にしては本当に珍しいことで。それでもいたいって思えるくらい素敵な場所だったんですけど」と振り返る。

しかしネットニュースでは、彼女が会社の中で肩身の狭い思いをしていると書かれていたため、こう反論した。

<「宇垣 アナ、居場所なくついに怒りの退社、フルヌード」みたいな。なるわけねーし、バカかって思うんですけど>
<爆笑しちゃって。お母さんが動揺しちゃうからやめてって思ったんですけど>
<居場所がないないと言いますけど、そんなことないぞと。私は意外とこの会社で愛されていました>
<未だに辞めるって決めて時間も経ちましたけど、やっぱりどうしようかな、辞めるの止めようかなと思うくらい>
<のびのび感は凄かった。治外法権と言われてましたからね、のびのびしすぎて>

自身の個性を尊重してもらいながら仕事が出来る、良い環境だったと感謝を語った。

「宇垣美里アナがTBSで干されている」報道の原点
 宇垣美里アナがTBSに居場所がないと言われるようになったきっかけは、「降板を伝えられて番組プロデューサーにコーヒーをぶちまけた」という「週刊現代」(講談社)の記事だろう。タレントとの熱愛の噂が浮上し、レギュラー出演していた番組のプロデューサーから降板が伝えられると、宇垣アナは「なんで私が辞めなきゃいけないんですか!」と激怒し、コーヒーをプロデューサーに向かってぶちまけた……というものだった。

また、昨年10月に出演した『サンデージャポン』(TBS系)で宇垣は、ディレクターに結婚願望を聞かれると「ありますよ。結婚したいです」と答えながらも、相手の有無に関しては「ん?」とはぐらかす場面があり、視聴者からは賛否が分かれた。その2日後、『アフター6ジャンクション』に出演した彼女は、結婚や恋愛に関する質問について以下のような考えを述べた。

<その人のセクシャリティに関すること>
<ポリコレ的にどうなのって毎回思っちゃって>
<私はずっと気にしていきたいと思うし、できれば人もそうしたほうが、傷つく人も減るんじゃないかな>

自分の意思をはっきりと表明する彼女は、清楚やおしとやかといった“従来の女子アナ像”にはハマらない。それゆえメディアは、TBSで宇垣アナは「扱いづらい」「変な女」と認識されて干されていると報道してきた。

だがTBSが本当に彼女を「扱いづらい女」として閑職に追いやったとすれば、あまりに時代錯誤な組織ということになる。また、コーヒーをぶちまけた件に関しても真偽はわからないが、週刊誌の熱愛報道を理由に降板させられたとすれば、理不尽な異動に怒りを表明してもなんらおかしなことではないだろう。

退社を決めた理由について、宇垣アナは前向きな決断であることを強調している。

<特に最近は仕事の内容も広がって、外の仕事もさせていただくようになって。もしかしたら、違うところに出てみたらもっと色々なことができるようになるのかもしれないと思うようになって>

宇垣アナは昨年の「好きな女性アナウンサーランキング」(ORICON NEWS)で9位にランクインしている。自分の意思を貫く彼女の姿勢に共感する女性も多い。TBSを退社した後も、宇垣アナの積極的な発言に期待したい。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ