小3女児が受けた数々の暴行に衝撃 カメラに残された「地獄の50分間」に怒号飛び交う

しらべぇ

2019/2/5 08:40

(spukkato/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
またも小さな子どもが暴力にさらされる事態が起こってしまった。島根県・松江市のある障害児通所支援施設にて起こった事件に対して、「ありえない」と怒りの声が相次いでいる。

■数々の暴力が明らかに


報道によると、事件を起こしたのは施設経営者の男(51)と施設職員の女(35)。その施設を利用する小学3年生の女子児童に対する暴行の疑いにより、4日逮捕に至った。

防犯カメラにより発覚した本事件だが、その映像には男が約20分にわたり「女児の首に腕を回し宙吊りにする」「服の中で風船を割る」など、そして女が約30分間「頭を殴る」「顔をつねる」といった計50分間の数々の暴力が記録されていた。

調べに対し、男と女は「いまは話せません」「覚えていません」などと話しており、警察は余罪についても調査している。

■「鬼畜」「人としてクズ」


不幸中の幸いにも女児は頭に軽い怪我を負ったものの命には別状はなかった。しかし、その男女が行った暴力は絶対に許されるものではない。ネット上では怒りの声が相次いでいた

「無抵抗な者への暴行は何故なくならないのか…」

「本当にこの2人天罰がくだればいいのに」

「人としてクズだね」

「鬼畜、それがあなた方にふさわしい言葉です」

■「いい人って信じるしかない」


本来は、我が子を安心して任せられるはず人からの暴力。同じように障がいを持つ子の親からは「悩み」「不安」の声が寄せられていた。

「うちの子も障害児なんだけど、通わせてくれる施設に文句って言えないんだよね。で、引き受けてくれる施設の人はいい人って信じるしかないんだよね」

「うちの子も重度の障害がありますが、このような事件が多く、怖くて施設に預けられません」

「うちの子もハンディキャップがありますが安心して預けれる施設や作業所はあるのかと疑問に思ってしまいます」

■人を本気で殴った事がある人は


そもそも人を叩いたり殴ったりすることは許されない。ましてや、大人が自分よりも弱い立場である子供への暴力は決してあってはならない。

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,500名に「本気で人を殴った経験」について調査したところ、約2割が「経験アリ」と回答。



被害にあった女児やその親御さんの気持ちを考えると胸が痛む本件。身体の傷のほかに、心の傷を負っていないことを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→妻の連れ子4歳女児の右目の骨折った男 悲惨な事件に「男より母親に腹が立つ」と悲鳴

(文/しらべぇ編集部・ステさん

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ