桜井日奈子が馬場ふみかをビンタ! こじれる恋愛に視聴者騒然 『僕の初恋をキミに捧ぐ』

 俳優の野村周平と女優の桜井日奈子が出演するドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第3話が2日に放送された。病院で再会した逞(野村)と照(馬場ふみか)は急激に距離を縮め、それによって関係がギクシャクしてくる逞と繭(桜井)と、さらにこじれていく三角関係が、視聴者をヤキモキさせた。

【写真】桜井日奈子が馬場ふみかをビンタ! 『僕の初恋をキミに捧ぐ』フォトギャラリー

同じ病気ということから通じ合う逞と照に嫉妬を隠せない繭。さらに、2人きりの病室で、照が逞にキスをねだる場面を目撃し、思わず逃げ出してしまう。翌日、繭に見られていたことを知らない逞は彼女に話しかけるものの、冷たい態度を取られ、2人の関係はさらにこじれていく。

結子(矢作穂花)の計らいで2人は美術の授業でペアになり、互いのデッサンを描くことになるものの、言い合いになり、居残りさせられることに。そして、デッサンをしながら、逞は照とキスしたといい、さらに付き合うことになると繭に告げる。平静を装う繭だったが、その実、大きく動揺。そんな中、昴(宮沢氷魚)からデートに誘われてやけくそでOKしてしまう。

一方、逞に彼女ができたことが校内に広まり、繭を思いやる律(佐藤寛太)と結子と聡美(福本莉子)は、照の人となりを確かめるべく、逞のお見舞いについて行くことに。逞が友達を連れてきたことに大喜びし、楽しそうにしていた照だが、突然胸を押さえて苦しみ始めるのだった。

照の心臓病を気遣う逞だったが、繭は偶然、照がときどき苦しみ出すのは仮病だったことを知ってしまう。照の病室を訪れた繭は逞の前で照をビンタし、仮病だったことを責め立てる。すると、逞は同じ病気だからこそ、仮病だったことは知っていたと言い…。逞を強く想うものの、うまくいかない繭に多くの視聴者が感情移入し、SNSでは「照ちゃん黙って消えてくれ」「辛すぎて泣いてる」という声が相次いだ。

また、そんな繭に思いを寄せ、まっすぐにアプローチをかけてくる生徒会長の昴に対し、「いつのまにか生徒会長推してる自分」「まんまと生徒会長推しになった(笑)」「生徒会長の好感度上がりすぎ」と好感を寄せる視聴者も多かった。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ