サンドウィッチマンの“悪事”を後輩が暴露!「知らない間に合鍵が」

サンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)が、2月5日に放送される『有吉弘行のダレトク!?』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜22:00~)のゲストの思い出の味をふるまう人気コーナー「スナック有吉」に出演する。

今回は、2人が特別に思い出の品を持参。売れない時代によく食べていたという“もやしのナムル丼”、そして、故郷の思い出の“ワカメしゃぶしゃぶ”に、有吉弘行らは舌鼓を打つ。

現在“好きな芸人”ランキングで1位のサンドウィッチマン。「さんまさんを抜いたのは、すごい!」と、山崎弘也が羨望のまなざしを向ける一方で、2人は世間の人気ぶりに驚きを隠せない様子。番組では2人の歴史を写真と共に振り返っていく。

また、勢いに乗る事務所「グレープカンパニー」がおススメする芸人がネタを披露。サンドウィッチマンの先輩でピン芸人・永野のほか、期待の新人など、続々登場する。さらに、後輩芸人たちからは、「知らない間に合鍵が作られている」など、サンドウィッチマンの信じられない“悪事”が明かされる。

有名店で採用されなかったメニューを復活させる「没メニューレストラン」のコーナーには、全国に約180店舗を展開する人気ハンバーガーチェーン店「フレッシュネスバーガー」が登場。人気ナンバーワンのクラッシックチーズバーガーは、年間約100万個を売り上げる一方で、多くの没メニューが生まれているという。そこで、女性2人の開発チームが「ボツになって納得がいかない」というメニュー4品を、ダレトクチームがジャッジすることに。

1品目は、京野菜を使った、ボリュームとインパクトを重視したメニュー。ある食材を大量に使っているため、「めっちゃ〇〇の匂い!」という声も聞かれるが、どんな一品なのか?

2品目は、不動の人気メニュー“クラシックバーガー”を大胆にアレンジした一品。奇想天外なアイデアに、「楽しみだ!」「斬新!」「これ食えないよ!」と、一同からはさまざまな声があがる。

3品目は、フルーツとのコラボレーション。経営者側からは「ハンバーガーじゃない」と全否定された一品だが、遼河はるひは「おいしい!」と大絶賛する。高橋克典ら男性陣からも「さわやか!」などの声が。はたして、どんなフルーツを使ったメニューなのか?

さらに、スタミナ抜群のご当地バーガーも満を持して参戦! パティを使わずに、静岡県の名産を使った一品。くせ者がそろう中、激戦を制するのはどのハンバーガーなのか?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ