九州の人気温泉地の楽しみ方教えます!注目の黒川温泉も【2019年】

じゃらんnews


べっぷ地獄めぐり

今年も待ちに待った「人気温泉地ランキング2019」が発表になりましたね。
九州の人が実際に訪れた温泉地の中で「もう一度行ってみたい!」と思ったランキング<ベスト5>の温泉地での遊び方やおすすめスポットをご紹介します。
1位に輝いた熊本県の「黒川温泉」からは入湯手形でたのしめる温泉を、2位の大分県「由布院温泉」からは、話題のスイーツや地元名産のお土産店など、読めば足を運んでみたくなるスポットが目白押しです。
風情ある温泉街の魅力をさまざまな角度からチェックして、ぜひ今年の温泉旅行の参考にしてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース
1位:黒川温泉【熊本県】

『黒川温泉一旅館』のもと、風情たっぷりの温泉街散策
各旅館は「部屋」、道は「廊下」…風情ある温泉街は、ひとつの旅館のように、との思いを表した『黒川温泉一旅館』。その言葉通り、入湯手形やかっぽ酒など、温泉街を散策して楽しめるアイテムも人気。
おすすめの遊び方 その1
「入湯手形」で入れる温泉
やまびこ旅館
やまびこ旅館黒川随一の広さを誇る、男女日替りの大露天「仙人風呂」。木々に囲まれ趣のある造り
山あいの宿 山みず木
山あいの宿 山みず木手つかずの自然が残る渓流沿いに佇み、冬は雪見露天にも。自然を肌で体感できる(女湯)
入湯手形とは?

街歩きにはマストバイ!3露天巡る温泉パスポート。
入湯手形対象店舗での手形提示で、割引やサービスの特典も!
入湯手形有効期限は購入日から半年間。使った手形は旅の記念やお土産に
入湯手形3歳~小学生対象の「こども入湯手形」700円もあり

今や全国に派生する温泉パスポートの元祖。手形1枚で3カ所の露天めぐりができる。選べる宿は28。宿ごとに自家源泉を持ち、泉質も風情もロケーションも異なる湯をとことん楽しめる必須アイテム。
入湯手形
問合せ/黒川温泉観光旅館協同組合
定休日/0967-44-0076
販売場所/黒川温泉観光旅館協同組合「風の舎」、各旅館
利用時間/8時30分~21時(最終受付20時30分)
定休日/各宿で異なるが基本的にはなし
料金/1300円
「入湯手形」の詳細はこちら
おすすめの遊び方 その2
「黒川かっぽ」でめぐれる旅館
いこい旅館
いこい旅館囲炉裏を囲みながら地鶏卵の温泉ゆでたまごと、地元酒造の飲みやすい日本酒をグビッ
ふもと旅館
ふもと旅館肥後牛や馬肉のしぐれ煮は、参画店舗唯一提供の、黒紫色の古代米仕込みのどぶろくで
夢龍胆(ゆめりんどう)
夢龍胆出し汁でじっくり丸2日間煮込んだ大根。地元米あきげしきで仕込んだ日本酒と一緒に
黒川かっぽとは?

3杯+おつまみで1500円、はしご酒手形で町めぐり。
黒川かっぽ竹のカップとかっぽ手形を持って、参画施設でお酒を注いでもらおう

竹の器を片手に、温泉街に点在する宿や酒屋の計20軒から、3カ所選んで楽しむはしご酒手形。お酒は熊本県産の日本酒や焼酎、どぶろくなど。お酒1杯に1品のおつまみ付き。お酒が苦手な人はノンアルコールや甘酒に変更可。
黒川かっぽ
問合せ/黒川温泉観光旅館協同組合
TEL/0967-44-0076
販売場所/黒川温泉観光旅館協同組合「風の舎」、参画店舗
利用時間/15時~21時
料金/1500円
「黒川かっぽ」の詳細はこちら

《観光に関する問合せ先》
問合せ/黒川温泉観光旅館協同組合
TEL/0967-44-0076
営業時間/10時~18時
定休日/なし
2位:由布院温泉【大分県】

雄大な由布岳と旬のお店を楽しむおしゃれな温泉地
由布岳が見守る中、おしゃれなカフェや雑貨店が軒を連ね、お土産選びにも事欠かない。新しいお店も誕生し、常に「新しい何か」が迎えてくれる。不動の人気を誇る憧れ温泉地。
おすすめのスポットはこちら
柚富の郷 彩岳館
柚富の郷 彩岳館
自慢の湯は2つの自家源泉から湧出。男女週替りの「望岳の湯(写真)」と「天空の湯」では、露天はもちろん、内湯からも由布岳一望の好ロケーション。湯はメタケイ酸豊富な美人湯系。
柚富の郷 彩岳館
TEL/0977-44-5000
住所/大分県由布市湯布院町川上2378-1
営業時間/11時~15時(最終受付)
定休日/なし
料金/中学生以上620円、小学生210円
アクセス/大分道湯布院ICより10分
駐車場/30台
「柚富の郷 彩岳館」の詳細はこちら
CARANDONEL
CARANDONEL
2017年10月オープンのカヌレ専門店。湯布院産の牛乳など素材にこだわり、1つひとつ丁寧に焼き上げる。クラシックの他、胡桃ショコラ、日本茶など定番、季節商品など合わせて5種類前後販売。
CARANDONEL(カランドネル)
TEL/0977-75-9475
住所/大分県由布市湯布院町川上2939-4-B
営業時間/11時~18時※なくなり次第終了
定休日/木
料金/カヌレ(クラシック)280円~
アクセス/大分道湯布院ICより10分
駐車場/なし
「CARANDONEL」の詳細はこちら
由布院市
由布院市
由布院 玉の湯内。二度挽きでさらさら食感のとりそぼろなどの自家製食品他、九州の焼物、大分の木・竹製品といったクラフト商品などが充実
由布院市
TEL/0977-85-2056
住所/大分県由布市湯布院町川上2731-1
営業時間/8時~19時30分
定休日/なし
料金/とりそぼろ880円
アクセス/大分道湯布院ICより10分
駐車場/30台
「由布院市」の詳細はこちら

《観光に関する問合せ先》
問合せ/由布市ツーリストインフォメーションセンター
TEL/0977-84-2446
営業時間/9時~19時
定休日/なし
3位:嬉野温泉【佐賀県】

“日本三大美肌の湯”とともにお茶の町を巡る
昨年5位からランクアップ!美肌の湯として優れた泉質の人気はもちろん、ニューオープン、さらに近頃は嬉野茶や焼物、温泉を新たな視点で楽しめるプロジェクトなど魅力が続々。
おすすめのスポットはこちら
和多屋別荘

常に進化を続ける老舗宿、トロトロ浴感の名湯に和む。
和多屋別荘
嬉野川をまたぐ2万坪の敷地を誇る宿は大浴場「御影殿」をはじめ、写真の「浮世風呂」や貸切風呂も立ち寄り入浴可。また、館内にあるお茶や焼物など、嬉野の魅力を発信するスペースも、ぜひ一緒に楽しみたい。
和多屋別荘
TEL/0954-42-0210
住所/佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙738
営業時間/大浴場11時30分~23時(最終受付22時)、貸切風呂11時~21時(最終受付20時)
定休日/なし
料金/大浴場(浮世風呂の入浴料込み)大人1000円、小学生500円、貸切風呂大人2000円(60分、大人2名以上利用)
アクセス/長崎道嬉野ICより7分
駐車場/200台
「和多屋別荘」の詳細はこちら
PIZZARIA MONTE STELLA

2018年8月オープン、窯焼きナポリピザをパクッ。
PIZZARIA MONTE STELLA前菜、ピザもしくはパスタ、デザート、ドリンク付きのBコースランチ1500円
PIZZARIA MONTE STELLA有田・波佐見焼の陶器のかけらが貼られたピザ窯で焼き上げる
PIZZARIA MONTE STELLA名宿「ハミルトン宇礼志野」が営むイタリアンレストラン

イタリアの素材と嬉野産の旬の食材を融合させて作る、本場のイタリア家庭料理が味わえる。イタリア全土で5年働いていたシェフによる本格的なナポリピザは絶品!
PIZZARIA MONTE STELLA(ピッツェリア モンテ ステッラ)
TEL/0954-20-2020
住所/佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2202-7
営業時間/11時30分~15時(LO14時)、17時30分~22時(LO21時)
定休日/不定
料金/Aランチ1100円、Bランチ1500円
アクセス/長崎道嬉野ICより5分
駐車場/10台
「PIZZARIA MONTE STELLA」の詳細はこちら
第19回うれしのあったかまつり

温泉街をやさしく彩る嬉野の冬の恒例イベント。
第19回うれしのあったかまつり小学生が描いた絵を集めた灯ろうが飾られる温泉公園
第19回うれしのあったかまつり絵手紙灯籠や陶器灯籠など、バラエティ豊かな灯りが灯る

開催期間:2019年1月26日(土)~2月11日(月・祝)

高さ2mを超える100基の灯ろうや、ランタンアートの灯りが温泉街を彩る恒例のイベント。嬉野市体育館で嬉野川の川底を表現した「宵の美術館・なまずの寝床」は必見!
第19回うれしのあったかまつり
問合せ/嬉野温泉観光協会
TEL/0954-43-0137
【点灯時間】日暮れ~消灯まで※「宵の美術館・なまずの寝床」は~22時
住所/佐賀県嬉野市温泉公園、嬉野温泉商店街本通り一帯、嬉野市体育館
アクセス/長崎道嬉野ICより5分
駐車場/周辺に有料駐車場有り
「第19回うれしのあったかまつり」の詳細はこちら

《観光に関する問合せ先》
問合せ/嬉野温泉観光協会
TEL/0954-43-0137
営業時間/9時~18時
定休日/なし
4位:別府温泉郷【大分県】

湯けむりの町・別府をバラエティ豊かに楽しむ
温泉総湧出量、源泉数ともに日本一を誇る。「別府八湯」と呼ばれるように8つの温泉地が点在する。それぞれで風情も歴史も泉質も異なる。さすがは日本一の温泉天国!奥深い!
おすすめのスポットはこちら
竹瓦温泉
竹瓦温泉竹瓦温泉1879年創業。現在の建物は1938年に改築されたもの

別府温泉のシンボル的存在。唐破風(からはふ)造りの屋根をもつ佇まいも飴色の館内も、半地下式の浴場もノスタルジック。小判型の湯船に注がれる湯は熱め。男湯と女湯で泉質が異なる
竹瓦温泉
TEL/0977-23-1585
住所/大分県別府市元町16-23
営業時間/6時30分~22時30分、砂湯8時~21時30分(最終受付)
定休日/12月の第3水、砂湯は毎月第3水(祝日の場合は翌日)
料金/100円、砂湯1030円
アクセス/東九州道別府ICより15分
駐車場/なし
「竹瓦温泉」の詳細はこちら
べっぷ地獄めぐり

別府に点在する7つの地獄、めぐれば楽し♪極楽体験。
べっぷ地獄めぐり約98℃のコバルトブルーの海地獄!地獄茹での温泉たまご一袋5個入り300円も
べっぷ地獄めぐり真っ赤な熱泥が湧く血の池地獄
べっぷ地獄めぐり温泉施設を併設する鬼石坊主地獄
べっぷ地獄めぐり海地獄出口付近にある。地獄を使って蒸した一口サイズの「極楽饅頭」24個入り640円

熱湯や熱泥、噴気が噴出する7つの地獄。“見る”だけで終わらないのが別府の地獄。蒸気を活用したグルメあり温泉ありのお楽しみパラダイス!地獄暮らしのワニもお待ちかね。
べっぷ地獄めぐり
問合せ/別府地獄組合
TEL/0977-66-1577
住所/大分県別府市鉄輪559-1[7地獄共通]
営業時間/8時~17時
定休日/なし
料金/入場料:大人400円(2000円)、高校生300円(1350円)、中学生250円(1000円)、小学生200円(900円)※( )内は共通観覧券
アクセス/東九州道別府ICより5分
駐車場/7地獄合計690台
「べっぷ地獄めぐり」の詳細はこちら
地獄蒸し工房 鉄輪

旨みが増す魔法の調理法、レッツ伝統の地獄蒸し体験。
地獄蒸し工房 鉄輪人気メニューの「地獄蒸し玉手箱(2000円)」。ボリューム満点

江戸時代から続く鉄輪伝統の地獄蒸し。いわば蒸し料理だが、温泉蒸気を利用したそれは明らかに旨みが違う!好みの食材を地獄釜に投入して楽しむ地獄蒸しグルメ体験をぜひ。
地獄蒸し工房 鉄輪
TEL/0977-66-3775
住所/大分県別府市風呂本5組
営業時間/9時~21時(最終受付20時)
定休日/第3水(祝日の場合は翌日)
料金/地獄釜使用料(20分以内)340円~、延長(10分ごと)150円~ ※釜の大きさにより異なる
アクセス/東九州道別府ICより10分
駐車場/26台
「地獄蒸し工房 鉄輪」の詳細はこちら

《観光に関する問合せ先》
問合せ/別府市観光協会
TEL/0977-24-2828(土日祝はTEL0977-24-2838)
営業時間/8時30分~17時30分
定休日/なし
5位:雲仙温泉【長崎県】

ハイカラ温泉地でフォトジェニック旅
標高700mの地に広がるお山の温泉地。かつて外国人避暑地として賑わった歴史をもつため、今もハイカラ風情が息づく。日本で初めて国立公園に指定された美しい自然も魅力。
おすすめのスポットはこちら
雲仙観光ホテル

レトロな雰囲気を楽しむなら
雲仙観光ホテル重厚な雰囲気のダイニングルームは約200畳と広々
雲仙観光ホテル創業時からのレシピを守り継ぐビーフカレー。1944円
雲仙観光ホテル歴史を観じさせる館内を彩るインテリアもステキ

1935年創業のクラシックホテル。一歩入ればたちまち華やかしい時代へ。ランチ利用できるダイニングルームはかつてダンスパーティが開かれていた場所。貴婦人たちも愛した伝統のビーフカレーをどうぞ。
雲仙観光ホテル
TEL/0957-73-3263
住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙320
営業時間/レストラン12時~15時(LO14時)
定休日/なし
アクセス/長崎道諫早ICより1時間
駐車場/30台
「雲仙観光ホテル」の詳細はこちら
仁田峠(雲仙ロープウェイ)

約3分間の空中散歩で奇跡の冬絶景に出会う。
仁田峠(雲仙ロープウェイ)地元では「花ぼうろ」とも呼ばれる、氷点下の早朝に樹木を彩る花のような霧氷

仁田峠(雲仙ロープウェイ)
仁田峠(雲仙ロープウェイ)仁田峠と標高1333mの妙見岳を結ぶロープウェイ。天草まで見えることも

霧氷の見頃:12月~3月上旬頃

空気中の水分が木の枝や幹に凍り付いてできる霧氷。いくつもの気象条件が揃って初めて現れる奇跡の絶景は、朝早く妙見岳で拝める可能性大。ロープウェイに乗っていざ!
仁田峠(雲仙ロープウェイ)
TEL/0957-73-3572
住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙551
営業時間/8時31分~17時11分※季節変動あり ※4分~8分間隔で運行
定休日/荒天時
料金/大人630円(1260円)、小学生320円(630円) ※( )内は往復料金
アクセス/長崎道諫早ICより1時間15分
駐車場/200台
「仁田峠(雲仙ロープウェイ)」の詳細はこちら
遠江屋本舗

雲仙名物、湯せんぺい。今も頑固一徹!完全手焼き。
遠江屋本舗昔ながらの丁寧な手焼きの作業に、思わず見入ってしまう
遠江屋本舗レトロなパッケージの手焼き湯せんぺい10枚入り650円はお土産にピッタリ!グラノーラなど、湯せんぺいを使った新感覚商品もおすすめ
遠江屋本舗温泉街の中心部にあり、店に近づくと甘い香りがほのかに香る

温泉水で焼き上げる湯せんぺい。今も手焼きを貫く唯一の店。サクッと軽やかな食感は手焼きならでは。もっちり柔らかな耳付きの焼きたて1枚80円も楽しめる。
遠江屋本舗(とおとうみやほんぽ)
TEL/0957-73-2155
住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙317
営業時間/8時30分~22時
定休日/不定
アクセス/長崎道諫早ICより1時間
駐車場/1台
「遠江屋本舗」の詳細はこちら

《観光に関する問合せ先》
問合せ/雲仙温泉観光協会
TEL/0957-73-3434
営業時間/9時~17時
定休日/なし

※この号に記載している情報は、特に表記がない場合、2018年12月1日現在のものです。定休日や料金をはじめ掲載情報は直前で変更されることもありますので、事前に電話などで確認されることをおすすめいたします。
※休業日は、定休日のみ記載しております。年末年始、お盆期間などは省略している場合がありますので、ご注意ください。
※掲載料金は、特に表記がない限り、消費税8%の税込価格です。ご利用時期によって、消費税が異なる場合、差額が上乗せとなり、総額が異なります。
※九州版人気温泉地調査について:今回発表している人気温泉地ランキングのアンケートは、「2018年に訪れた温泉地のうち、もう一度行ってみたいと思う温泉地」の票数でランキング付けしています。
【調査期間】2018年8月22日(水)~31日(金)
【調査対象】じゃらんnet会員
【対象温泉地】福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島県の39カ所の温泉地を選択肢として認定
【調査方法】インターネット上でアンケートを実施
【有効回答者数】九州在住者1273人
※この記事は2019年1月時点での情報です

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ