米倉涼子&お天気キャスター依田司のラブラブショットが到着!夫婦役で共演『疑惑』

テレビドガッチ

2019/1/31 06:00

2月3日(日)21時から放送される米倉涼子が主演のドラマ『疑惑』(テレビ朝日系)で、お天気キャスター依田司が米倉の夫役で出演することがわかった。

『黒革の手帖』を筆頭に数々の松本清張作品で悪女を演じてきた米倉が、“悪女に手を差し伸べる敏腕弁護士”佐原卓子に扮し、13億もの保険金を狙って夫を殺した……との疑惑が囁かれる悪女・白河球磨子(黒木華)を弁護。彼女のエキセントリックな言動に振り回されながらも、決してクロとは決めつけずに対峙し、真相を追求していく。

このほど、朝の情報番組『グッド!モーニング』や週末の報道番組『サタデーステーション』のお天気キャスターとしても活躍する人気気象予報士・依田の出演が決定。なんと、米倉演じる卓子の亡き夫・佐原淳彦役を演じる。

昨年、『疑惑』への出演オファーを受けた当初の心境について、「直前に他局のドラマやテレ朝の『未解決の女』への出演があったので、もうドラマはお断りしようと思ったのですが……」と依田。ところが、あっという間に身を翻すことに……!?「米倉涼子さんの旦那さん役だと聞き、二つ返事でお受けしました(笑)」と、茶目っ気たっぷりなコメントを寄せた。

劇中に登場する2ショット写真の撮影で、米倉と対面した依田。ところが、米倉がすっかり妻になりきっていたのか、俳優が本業ではない依田を思いやって雰囲気づくりをしようとしてくれたのか、依田が思わずドギマギする事態が発生することに!「撮影当日、お会いして挨拶もそこそこに、米倉さんが腕を組んでこられました。その後、監督さんの話を伺うときもずっとベタベタで、そのまま撮影に突入。すでに役に入られていたのでしょうが、私は『え? え?』と思うのと、女優さんて凄いなと思っているうちに撮影が終わりました(笑)」と、撮影時を振り返った。

卓子がとんでもない悪女に翻弄されながら、疑惑まみれでなかなか見えてこない“事件の真相”を追求していく『疑惑』は、全編を通してどこまでも波乱万丈。そこで、依田にこのドラマをお天気に例えてもらうと、「予測困難なゲリラ豪雨が同時多発的に発生し、気象警報が出まくりの展開です。そうこうしているうちに巨大台風に飲み込まれていくのですが、最後は、しっかりと台風一過の青空が広がります」と、的確な“予報”を提供した。

<あらすじ>
どんな手を使ってでも真実を追求し、その有能ぶりとは裏腹に「最低の弁護士」とも揶揄される佐原卓子(米倉)。彼女のもとに弁護士・原山正雄(津川雅彦)から直々の依頼が舞い込んだ。体調が思わしくないため、ある女性の弁護を引き継いでほしいというのだ。その女性とは、疑惑に満ちた事件の渦中にいる白河球磨子(黒木)――世間から「鬼クマ」と呼ばれ、好奇の目に晒されている悪女だった!

その事件は激しい雨の日、熱海港の岸壁で起こった。球磨子は夫・白河福太郎(中村梅雀)と2人でドライブに出かけたのだが、車ごと海へ転落。泳げない福太郎はそのまま車内で溺死し、脱出に成功した球磨子のみが生き延びたのだ。球磨子は夫の運転ミスによる事故を主張したが、まもなく不審な点が散見し始める。車内からスパナが発見された上に、球磨子が夫にDVを振るう動画がなぜかSNSで拡散。周囲の人々からも日頃の悪行を糾弾する声が浮上し、前科四犯という過去を持つ球磨子にとっては、すこぶる分の悪い状況だった――。

それでも無実を主張し続ける球磨子。業を煮やした警察はついに、別件逮捕という強硬手段に。だが、それで折れるタマではない球磨子は、留置場に入るや看守をたぶらかし、いきなり襲われたと話を捏造して騒ぎ立てる。連絡を受けた卓子が駆けつけると、甘えるように感謝する球磨子。だが、卓子が真正面から、福太郎を殺したのかと問いただした途端、貝のように口を閉ざしてしまい……。

まもなく、卓子の中でひとつの疑問が浮かび上がる。そもそも球磨子は本当に世間で言われるような“悪女”なのだろうか――。卓子は球磨子の本性と、事件の真相を解明するため、巧みな話術でゴシップ記者・秋谷茂一(板尾創路)らから情報を収集。不透明な球磨子の生い立ちをひとつずつ紐解いていこうとする。一方、何が何でも球磨子を有罪にしたい検事正・小田秀子(余貴美子)は、卓子を陥れようと画策し……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ