原田知世 4年半ぶりアルバム携え一夜限りのライブ「去年の今頃は『半分、青い。』の撮影をしていて、ニューアルバムを作るなんて考えてもいませんでした」

SPICE

2019/1/30 11:44


原田知世が昨年2018年11月にリリースした4年半ぶりのアルバム『L'Heure Bleue』のリリースを記念したコンサート『原田知世 Special Concert 2019 "L'Heure Bleue"』を1月28日(月)、NHKホールにて開催。そのオフィシャルレポートが到着した。

一夜限りの公演だけあって、全国各地から集まってきたファンによって埋め尽くされた客席は、開演前から心地よい熱気に包まれていた。定刻から5分を過ぎたころ、新作収録曲「ショート トリップ」が流れ出した。徐々に会場内が暗転し、浮遊するプログラミング・サウンドに合わせて、ステージ前の紗幕に映像やメンバーの影が浮かび上がる。曲が終わりに近づくとスポットライトに照らされた原田知世のシルエットが中央に登場した。

そして、チェロが「Hello」のイントロを奏でると、紗幕が上がってステージの全貌が明らかに。ピンクのドレスに身をまとった原田知世の姿に、観客から大きな拍手が巻き起こった。今回、原田をサポートする伊藤ゴロー率いるバンドには、新作で2曲の作詞を手掛けた角銅真実がパーカッション&コーラスで加わり、原田を含め総勢10名がステージに立った。「今夜は皆さんと一緒に楽しいひとときを過ごしたいと思います」という挨拶につづけて、「風邪の薬」「名もなき青」と『L'Heure Bleue』収録曲を披露。流麗なストリングスの音色とあいまって、メランコリックなムードが会場を包み込んだ。
原田知世 2019.01.28 NHKホール (C)三浦憲治
原田知世 2019.01.28 NHKホール (C)三浦憲治

「去年の今頃は、NHKでドラマ『半分、青い。』の撮影をしていました。その時点ではニューアルバムを作るなんて考えてもいませんでした。ドラマの撮影が終わって、短い期間で制作したのですが、素晴らしい作品ができました。今回はいろいろなアーティストの方に、短編映画を作るように物語をつむいでください、とお伝えして歌詞を書き下ろしていただきました。それにゴローさんが素敵なメロディをつけてくれて、どの曲も歌うのがとても楽しいです」

というMCをはさんで、再び新作から「わたしの夢」と、代表曲「くちなしの丘」を披露。どちらもキセルの辻村豪文が提供したナンバーで、楽曲のノスタルジックな世界観は原田と相性抜群だ。その透き通る優しい歌声に、会場内は柔らかな雰囲気で満たされた。前半のクライマックスは「Hi」と「Giving Tree」という幻想的な2曲。特に、ノイジーなギター・サウンドが印象的な「Hi」では、ベルリン在住の世界的ダンサー、ハラサオリによる振り付けを身体全体でドラマチックに表現しながら歌った。
原田知世 2019.01.28 NHKホール (C)三浦憲治
原田知世 2019.01.28 NHKホール (C)三浦憲治

休憩をはさみ、蛍光グリーンと白のセットアップが華やかなドレスに着替えて登場した第2部は、原田にとって90年代の2大ヒット曲「シンシア」と「ロマンス」からスタート。清々しく晴れやかな原田の歌唱に、観客も熱い拍手で応えた。つづいては、再び大人のムードに戻って「うたかたの恋」と、精緻な照明や映像によって曲の世界観が一段と広がった「夢の途中」。今回のステージでは、曲ごとに次々と異なる表情を見せてくれたのが印象的だった。本編ラストは、元チャットモンチーの高橋久美子が作詞した「2月の雲」と「銀河絵日記」。「銀河絵日記」ではステージ全体が銀河に包まれたかのような演出も見事で、会場内を温かい空気で満たしステージをあとにした。

アンコールは、土岐麻子が作詞を手掛けたアップテンポの「ping-pong」と、ストリングスアレンジが美しい代表曲「時をかける少女」。2曲を歌い終えてメンバーとステージを去った後も、観客の拍手は鳴り止まない。再びステージに戻ってきた原田は、バラードアレンジの「銀河絵日記 – piano version」をしっとりと歌い上げ、ステージを締めくくった。心にしみるパフォーマンスに客席からは惜しみない拍手が送られた。

尚、ステージ中のMCでは、4月からスタートする日本テレビ系・新日曜ドラマ『あなたの番です』に田中圭とW主演することが、本人の口からファンに直接報告された。秋元康が企画・原案で、日本テレビ史上25年ぶりの2クール連続の大型ドラマとなる。今年もまた歌手と女優の両面で原田知世の活躍が見られそうだ。



あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ