インパルス・堤下敦、過去の事件でいまだ完全復帰ならずも、YouTubeでは大人気のワケ

日刊サイゾー

2019/1/30 02:30


 2017年に二度の交通事故を起こして芸能活動を謹慎。昨年10月に、出身地である神奈川県の「住みます芸人」として活動を再開したものの、テレビへの出演がなかなか増えない、インパルスの堤下敦。

「20日には、住みます芸人の関東エリア就任会見に登場しましたが、まわりは無名の若手芸人だらけ。彼らと同じ位置からの再出発という、置かれた状況のシビアさがあらためて浮き彫りになりましたね」(テレビ関係者)

事件も重大であったが、それ以前に、堤下を取り巻く環境が厳しいのは、売れっ子になってからの天狗ぶりがあまりにもヒドかったからだろう。

「森三中・黒沢かずこの耳元で、“お前、面白くねぇんだよ”と囁き続けたという陰湿なイジメや、コーヒーを買い忘れたADに『服脱げ!』と命じて裸で逆立ちさせたなどの悪行の数々で知られていますからね。謹慎中に離婚もしており、仕事も家族も失い、落ちるところまで落ちた堤下ですが、残念ながら手を差し伸べようと味方になってくれるテレビマンがほとんどいないということです」(テレビ局関係者)

実際、復帰直後に『ネタパレ』(フジテレビ系)に出演して、相方の板倉俊之とネタを披露したくらいで、その後は、テレビからお呼びがかからない。

だが、あるお笑い関係者はこう話す。

「堤下の芸人としての実力は確かで、突っ込みの名手であるという評価は揺るぎません。お笑い賞レースでの実績こそないものの、12年、人気芸人がコンビを入れ替えてネタを行うお正月特番『史上空前!! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ』(TBS系)でサンドウィッチマンの富澤たけしと組んで見せたネタは、堤下の力が存分に発揮され、あのダウンタウン松本人志も堤下のことを『ツッコミとしては本当に優秀』と認めるようになりましたからね。女性問題で1年間の謹慎ののち復帰した、アンタッチャブル柴田英嗣も、当初は仕事がありませんでしたが、確かな実力に徐々に仕事が増えていき、現在は忙しい日々を送っていますからね」(お笑い関係者)

堤下は、『はねるのトびら』(フジテレビ系)で共演していた、キングコング・梶原雄太が“カジサック”として開設し、登録者数70万人を超えるYouTubeチャンネルに4度登場しており、そのうちの1本は最大160万再生を超える人気動画となっている。

「テレビよりもYouTubeを見ている若い世代は先入観なく堤下のツッコミを楽しんでいるようだし、カジサックは業界視聴率も非常に高く、堤下の再評価につながっている。きっかけ次第で復活の芽は十分にありそうです」(同)

もう交通事故さえ起こさなければ、だが……。

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ