それじゃわからないよ! 相手に伝わらない好きアピールとは

yummy!


それじゃわからないよ! 相手に伝わらない好きアピールとは

気になる人ができたら、どうやって相手と距離を図りますか?
遠くから見ているだけ……の状態では、相手との距離は変わりませんよね。
かといって、声をかけるのは勇気が入るし、自分からLINEも送れない。
そんなシャイな女性ほど、自分の想いは思いのほか、相手に伝わっていないかもしれません。
今回は、相手に意外と伝わっていない好きアピールをご紹介。好きな人へのアプローチとして、考えるきっかけにしてみてください。

目次

相手をジッと見つめる



好きな人のことは、つい目で追ってしまいますよね。相手も同じようにあなたが気になっていれば、相手もあなたのことを気にして、目を合わせたり、何かを感じ取ることもあるかもしれません。
でも、あなたの一方的な片思いだったり、相手のタイプによっては、想いは届きづらそうです。
相手が積極的なタイプで、声をかけてくるタイプならまだしも――。ジッと見つめているだけでは、ふたりの距離は図りづらいでしょう。
相手が気になるのなら、一度自分から話しかけてみましょう。挨拶でも、用件を伝えるでもなんでもいいです。
自分の意志で、声を通じて話すことで、相手に伝わることはあなたが思っている以上に多いです。まずは勇気を振り絞って、相手と話すことを目標にしてみて。
縁があれば、あなたの勇気に見合った結果は必ず得られるでしょう。

相手を笑かす



あなたの性格によっては、好きな人を笑かしたり、わざと自分を卑下して、笑いに変えたりしてしまう人もいるかもしれません。
でも、恋愛に関しては、男性は女性らしい女性を好む人が多く、ムリしている女性は痛々しく見えてしまいそうです。
すでに相手が、あなたを気になっている場合なら話は別ですが――。片思いの場合は、損な役回りになってしまいかねません。
ムリして相手の気を惹こうと思うよりも、自然体の自分を大切にして。
そのほうが、相手との関係も自然に縮まっていくと思います。ムリに場を明るくしたり、自分を卑下する必要はありません。
初対面に近いうちは、初対面の関係での距離の図り方を意識したほうが、恋も自然に生まれやすいでしょう。

おわりに



大人になると、素直に自分の気持ちが伝えられない。そんな女性も多いのでは。
しかし、大人だからこそ、素直に自分の気持ちを相手に伝える勇気が大切です。
ぜひアプローチを意味のあるものにできるよう、相手への気持ちが本物なら、失敗を恐れず恋をしてみてください。
(柚木深つばさ/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ