子供の知的能力を伸ばす!『新幹線学』とは?


『新幹線学』というのが今、教育現場で活用されているのを知っていますか? 電車や新幹線が好きという子供は多く、この興味をうまく活かしてあげるといろんな知識や理論的思考力を育むことができることから、最近では新幹線を題材にしたテキストも登場しているのだとか!

今回は、幼児期からの家庭での学習にも活用できる『新幹線学』について、紹介していきます。

『新幹線』を題材にした教材が大人気


『新幹線学』とは、新幹線を題材にしてさまざまな学びを得る試みのこと。

単に新幹線そのものについて学ぶだけでなく、テーマは地理、環境問題など多岐にわたり、新幹線の走行写真を見て日本地理を学んだり、新幹線の仕組みを知ることで省エネ技術を理解したりと、新幹線を通じてさまざまな知識を得ることができ、倫理的思考も養うことができます。

最近では授業の指導法を研究する教員団体『TOSS』とJR東海の協力で小学生向けのテキストも制作されており、小学校の授業などで活用され始めています。科学や地理といった難しい話題でも、新幹線を題材にすると子どもたちの食いつきが良く、教育の現場でも大人気なのだそう。

身近な“電車”が知育につながる


小学校入学前でも、電車や鉄道、乗り物に興味があるという子は多いのではないでしょうか? 実は子供の“鉄道趣味”は、学習の基礎となるさまざまな知識を身につけるのに役に立つと言われています。

子供によっては1歳頃から電車に興味を覚え、2~3歳頃からはさまざまな電車を見比べるようになりますが、これが数・言葉・形・色の違いを理解するという認知機能や学習の基礎を得るのに繋がります。実際、電車の行き先を見て漢字を覚えたり、ホームの番号や時刻表を見て数字を覚えたり、路線図を見て鉄道に乗ることで時間や距離、方向などの感覚を身につけたという子も多いのだとか。

好きこそものの上手なれ、とはよく言いますが、子供が大好きな鉄道を上手に活用すれば、子供の知的能力を効果的に伸ばしてあげることが期待できるんですね。

JR東海の公式HPで教材がDLできる!


JR東海が運営する『リニア・鉄道館』のHPでは、新幹線学で楽しく学べる鉄道教材をダウンロードできます。教材は小学校低学年・中学年・高学年向けと分かれていて、自由にダウンロードして学校や家庭での学習に使うことができます。

教材の中には、すごろくやかるた、フラッシュカードなど遊びながら新幹線について学べるものもあり、未就学児童でも興味をもってくれそうな内容なので、ぜひ親子でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ダウンロードページはこちら

子供が電車に興味を示すようなら、それを大いに利用しない手はありません! 積極的にママが声掛けをし、鉄道を通していろんな知的能力を伸ばしてあげましょう。親子でコミュニケーションを取りながら楽しく学ぶことができるといいですね。

PHOTO/bandrat/Shutterstock
参照/
東洋経済「教育現場を変革する「新幹線学」とは何なのか」
JR東海「楽しく学べる!鉄道教材」
乗り物ニュース「電車好きの子どもは賢くなる?鉄道趣味が“お気軽な知育”なワケ」

当記事はならいごとキッズの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ