キンコン梶原vsオリラジ中田は和解。ガチで不仲だった芸能人5組のその後

日刊SPA!

2019/1/28 15:53



カジサックとしてユーチューバー活動を続けているキングコング・梶原雄太と、対立状態にあったオリエンタルラジオ・中田敦彦が、梶原のユーチューブチャンネルの生配信に出演した。

ことの発端は、中田がメインを務めるラジオ番組での発言。その内容は、芸人としての長いキャリアを持っているにもかかわらず、それにあぐらをかくことなく、新人ユーチューバーとしてコツコツと活動をしている梶原を褒め称えるものだった。

しかし、その発言がネットニュースで取り上げられた際に、中田の真意とやや異なる記事となってしまったことで、その記事を読んだ梶原とのトラブルに発展してしまったのだ。

ツイッターやユーチューブを通じて、中田に対して怒りのコメントを発信していた梶原だったが、2019年1月14日に行った緊急生配信では、自身の発言を謝罪。番組に中田を招き、お互いに誤解があったことを確認しあい、無事に和解となったのだ。

番組の後半には、芸人らしくローション相撲で対決。白熱した戦いの後、最後には笑いあって対立を水に流した梶原と中田。今回は彼らのように、ガチで対立しあっていたものの、今は笑いあっている芸能人たちをご紹介する。

◆今田耕司と中山秀征:業界でも有名な「犬猿の仲」

今田耕司と中山秀征は、業界では「犬猿の仲」として長らく有名だった。二人で番組のMCを務めていたこともあったが、それ以来、共演NGとなっていたそうだ。

なんでも、大阪から来たばかりの今田は、関東勢に負けないようにと、常に戦闘モードの状態で、「みんなで楽しくやろう」というスタンスを取っていた中山とは反りが合わず、険悪なムードに。番組が終了して以降は、会うこともなかったのだとか。

しかし、当時のことを反省した今田は、「中山に会いたい」と、共通の知り合いである後輩芸人ザブングル・松尾陽介に志願し、再会の場を設けてもらうことに。10数年ぶりに会った二人は、過去を振り返りながら語り合い、和解。今ではお酒を飲む仲にまでなったそうだ。

狩野英孝とDAIGO:狩野のヒドイ行いにDAIGOが激怒

番組での共演をきっかけに、親友になったという狩野英孝とDAIGOだが、約一年間の絶交期間があったという。

その理由は、あるバラエティ番組に出演した際の狩野の発言。自分が大好きなL’Arc-en-Cielに近づくために、メンバーであるhydeから「誕生日プレゼントをもらった」というDAIGOに接近したと暴露したのだ。これにDAIGOが激怒し、狩野との絶縁状態に至ったそうだ。

この件を取り上げたバラエティ番組で二人は再会、狩野が直接謝罪し、どうにか和解にこぎ着けたようだ。が……DAIGOはまだ完全には心を開いていないようで、狩野について「元マブダチ、現『知人』」と説明したこともあった。

岡村隆史と水道橋博士:岡村側の記憶違いで確執に

ナインティナイン・岡村隆史と、浅草キッド・水道橋博士の間にも、長く続く確執があった。これは、ナインティナインが木曜日の『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)を担当したことがきっかけだったという。

同じ枠を、水道橋博士の師匠であるビートたけしが務めていたことから、この番組に思い入れを強くもっていたため、「大阪の芸人にやってほしくない」と、岡村の家に殴り込みをかけたと言われていたのだ。以来、岡村は水道橋博士のことを恐れるようになり、距離が生まれていたという。

だが、この殴り込みは岡村の勘違いだった様子。水道橋博士のトークショーに出演し、記憶をすり合わせたところ、岡村の一人暮らしの手助けをするために、電化製品を安く買える知り合いの話をしに、家に行っただけだったそうだ。自身の記憶の間違いに気づいた岡村は、ラジオ番組で「博士はいい人」と語り、謝罪した。

◆千秋と安西ひろこ:安西が号泣も…双方がブログで仲直り報告

双方のブログで、仲直りを報告したのが千秋と安西ひろこだ。2000年ごろにバラエティ番組で共演した二人だったが、千秋がしつこく安西のことをいじったところ、安西が泣いてしまい、現場にいたスタッフやマネージャー、共演者たちを巻き込む騒動となってしまったという。

それ以降、会うことのなかった二人だが、たまたま一緒の番組にキャスティングされたことをきっかけに再会。10数年ぶりに顔を合わせた二人はお互いに謝罪し、わだかまりは解消されたようだ。

宮迫博之と宮川大輔:若手時代にガチゲンカでギスギス

現在では、普通に共演している雨上がり決死隊・宮迫博之と宮川大輔も、ガチのケンカでぶつかったことのある二人。事件は、「吉本印天然素材」というお笑いとダンスを組み合わせたユニットに、二人が所属していたときに起こったという。

ダンスレッスン中に、宮川の立ち位置がズレていると指摘した宮迫に対して、宮川は「ズレてない」と怒鳴り、言い争いになったという。宮迫はガチギレし、頭突きまでして「謝れ」と迫ったが、宮川はそれを拒否し、かなりギスギスした仲になってしまったそうだ。

当時を振り返った宮迫は、芸人として面白いコントをしたい、お笑いがしたいという時期に、一日8時間もダンスレッスンをさせられていたことが原因だと語っている。芸人なのにアイドルのように売り出され、「吉本印天然素材」メンバーがストレスを抱えていたことを思わせるエピソードだ。

――ガチで対立していたことのある芸能人たちと、そのエピソードを見てきたが、なかには「そんなことがあったのか」と、驚くような事実もあったのではないだろうか。せっかく仲直りをした彼らには、もう二度とケンカしないでもらいたい……。<文/後藤拓也(A4studio)>

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ