志尊淳「戦隊ヒーローとかゼロ興味」に視聴者ツッコミ 『ハケン占い師アタル』第2話

クランクイン!

2019/1/25 10:46

 女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第2話が放送され、志尊淳演じる新人社員が言い放つ「戦隊ヒーローとかゼロ興味」のセリフに、視聴者から「志尊淳に言わせるのか!?」「数年前までばりばりレッドやってたん」「それはヤバイやろ(笑)」などのツイートが寄せられた。

【写真】志尊淳、戦隊ヒーローだったのに…『ハケン占い師アタル』第2話フォトギャラリー

本作は、他人のあらゆることが見える特殊能力を持つ的場中(杉咲)を主人公に、彼女が周囲の人たちの悩みを解決していく姿を描くお仕事コメディードラマ。『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』を手がけた遊川和彦が脚本を担当し、テレビの連続ドラマの演出にも初挑戦する。

コネ入社で制作Dチームに所属した目黒(間宮)は、失敗続きの毎日。大した仕事も任されなければ、婚活アプリでもフラれっぱなしの日々を送っていた。ある日、特撮番組『キセキ戦隊ミラクルヒーロー』の新グッズ発表イベントのコンペに参加することになったDチーム。昔から『ミラクルヒーロー』の大ファンだった目黒は、担当に立候補。周囲に不安視されても意に介さず、企画書も1人で作ると言って張り切り出すのだが…。

初めて企画を立ち上げる目黒のために会議をすることになったDチーム。大崎(板谷由夏)や、田端(野波麻帆)が次々と目黒にダメ出しをする中、ベテラン社員の上野(小澤征悦)が隣に座っていた新人社員の品川(志尊)に「お前、なんか意見ないのか?」と水を向けると、品川は困ったような表情で「無理ですよ…特撮ヒーローとかゼロ興味だし…」と一言。

2014年放送の『列車戦隊トッキュウジャー』で主人公のライト/トッキュウ1号を演じていた志尊。そんな彼から飛び出したこのセリフに、視聴者から「志尊淳に言わせるのか!?」「きみ数年前までばりばりレッドやってたん」「それはヤバイやろ(笑)」「ライトが戦隊に興味ないって言った」などのツイートが殺到。意外なセリフにネット上がにぎわっていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ