今夜『ハケン占い師アタル』、コネ社員・間宮祥太朗のやる気が空回りし…

クランクイン!

2019/1/24 11:00

 女優の杉咲花が主演を務めるドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第2話が今夜放送される。第2話では杉咲演じるヒロインの派遣社員が、間宮祥太朗扮するコネ入社の若手社員をサポートする姿が描かれる。

【写真】『ハケン占い師アタル』第2話フォトギャラリー

本作は、悩みや原風景をはじめ他人のあらゆることが見えてしまう特殊能力を持つ的場中(杉咲)を主人公に、彼女が能力を駆使し、周囲の人たちの悩みを解決していく姿を描くお仕事コメディードラマ。『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』を手がけた遊川和彦が脚本を担当し、テレビの連続ドラマの演出にも初挑戦する。

父親のコネでイベント会社「シンシアイベンツ」に入社し、制作Dチームに所属して3年がたつ目黒円(間宮)は、本人のヤル気とは裏腹に失敗続き。大した仕事も任されなければ、婚活アプリでもフラれっぱなしの日々を送っていた。

そんなある日、Dチームの部長・代々木匠(及川光博)が特撮ヒーロー番組『キセキ戦隊ミラクルヒーロー』の新グッズ発表イベントのコンペに参加するよう指示。多忙な同僚たちが企画書作成を次々と断る中、昔から『ミラクルヒーロー』の大ファンだった目黒は、ここぞとばかりに立候補。周囲に不安視されても意に介さず、企画書もひとりで作ると言って張り切りだす。

そんな目黒の空回りぶりを、課長・大崎結(板谷由夏)は心配。派遣社員のアタル(杉咲)に、必要に応じて目黒を手伝うよう依頼するのだが…。やがて目黒は、消息不明の初代ミラクルレッド・八王子(湯江タケユキ)をイベントに引っ張り出そうと発案。Dチームのフォローのもと、奇跡を起こせると信じてますます勢いづく目黒だが、やがてどん底に突き落とされるような出来事が起こってしまう。

ドラマ『ハケン占い師アタル』第2話は、テレビ朝日系にて今夜1月24日21時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ