ヨーロッパで話題の植物療法「ジェモセラピー」が大注目!効果や人気ブランドについて

YOGA HACK

ジェモセラピーとは?


ジェモセラピーとはGemmotherapy または Phytoembryotherapyと呼ばれ、1950年からポール・ヘンリー医師が研究をスタートさせ、フランスのドクターたちと1970年ごろに確立させた植物の新芽や蕾のエネルギーを利用する植物療法の一つです。

Gemmoはラテン語で「木の新芽」や「貴重な石」、Phytoembryoは「植物幹細胞」や「植物胚」を意味し、 活発に細胞分裂と成長が起こっている新芽や蕾には成長ホルモンやビタミン、酵素など成長するに必要なエネルギーの宝庫。

それを人間の幹細胞の活性化に役立てようというレメディです。ヒトの幹細胞コスメなども流行っていますが、成長する植物胚芽のパワーを利用しているということですね。

基本的に新芽や蕾から抽出したエキスを飲むというシンプルな経口摂取であるので、子供から大人、ペットまで幅広く使うことが出来るのも特徴です。

ホメオパシーと比較されることも多いですが、ジェモセラピーは植物の新芽や蕾に注目しているのに対してホメオパシーは植物以外に鉱物や動物のエッセンスなど幅広く利用するという違いがあります。さらにホメオパシーのような数百という希釈はしないので、植物の成分が物質として残っています。

ダイエットからセラピーまで。様々な効果




一般的に植物療法は、病気になる前の予防や人が本来持ち合わせている自然治癒力を引き出す力をサポートします。また、ある臓器の機能回復や全身の代謝を良くすることは毒素のデトックス、ダイエットにつながりますし、ストレス解消のために用いる人も多いです。

犬・猫用のサプリメントとしても人気


ジェモセラピーは副作用がほとんどないことから人間の老若男女だけでなく、犬や猫向けのサプリメントとしても人気が高いです。例えば、コモンジュニパー(西洋ネズ)などは、体の中の不要物や毒素を分解して毒素を排除する腎臓や肝臓の炎症を抑えたり利尿作用を促して健康を維持してくれます。

1回あたり、200 mlの新鮮な水に、中・大型犬20滴程度、小型犬には10滴ほど、猫には5滴ほど加えるだけという簡単な使い方です。さらに限度は特にないので、あげすぎに気を付けたりしなくていいのも安心です。

後でも紹介している、人気ブランドフランス「BOIRON社」製の液体サプリメントです。普段のペットフードや飲み水に混ぜて与えている人が多いようですね。

種類




比較的新しいレメディであるジェモセラピーですが、現在は60種類にも及ぶ種類が登場しています。ハーブとしても親しまれているラベンダーやローズマリーだけでなく、フィグなどの果物や胡桃をはじめとするナッツなど様々な植物の新芽と蕾からジェモセラピーは作られています。

使い方・取り入れ方


エキスを水に数滴(量は体調や症状に合わせて変えていきます)垂らし、飲むというシンプルな方法です。次に、世界中のジェモセラピーブランドを紹介します。

【全て日本で購入可能】おすすめのジェモセラピーブランド


全て日本からでも購入可能ですので、気になる商品があればチェックしてみてください。

Herbal Gem (ハーバルジェム)

HebalGem
ベルギーのHerbal GemによるGemmoBaseはジェモセラピーの中で知名度が一番高いのではないでしょうか。オーガニック認証獲得の商品で、3~4種類のエキスをブレンドしたものから単体、白樺の新芽エキスをベースにしたもの、濃縮した新芽エキスをシロップにしたものなどバリエーション豊富に展開しています。睡眠やアレルギー対策、気管支系や消化器系サポート、50歳以上のバランス調整も男女別で用意されていたり、皆さんが持っている悩みを解消してくれるものがきっと見つかります。

BOIRON(ボイロン)

BOIRON
薬剤師の兄弟によって1932年にフランスで創設され、米国のホメオパシー薬局方(HPUS)で認可された800種類以上のホメオパシー薬を取り扱っています。ジェモセラピーでは人間だけでなくペット用もあり、例えばライムツリー(ボダイジュ)などは、ペットの健やかな神経系のサポートをしてくれます。

Herbiolys(エルビオリス)

Herbalys
日本の一般社団法人ジェモセラピー協会でも取り扱っているABオーガニック認証獲得の商品です。単体の植物の抽出エキスではなく、女性のためのものやリラックス、カルシウム不足などテーマによってミックスレメディとして独自にブレンドされています。その中の「ドレノリス」と「スヴェリトリス」はダイエットセットとして販売されています。

JM(ジェモエッセンス)

JM
サンショウやクヌギなど日本の山野に自生する植物の新芽と蕾から作られています。地産地消といった土地に合ったものを食べるようにジェモセラピーでも日本由来のものも体に合うかもしれません。

Fleur humming(フルーハミング)

fleur humming
こちらも和ジェモと呼び、日本の植物に注目したジェモセラピーシリーズです。サクラやツバキなど女性が惹かれる花や、世界的にも熱い視線を集めている葛が体のリズムをととのえてくれるといった全9種類の商品展開をしています。

最後に




今回はご紹介していないですが、日本では手に入らない海外のジェモセラピーの商品もたくさんあるので、これから更に色んなブランドが入ってくるかもしれませんね。フランスのHELPAC社のDe Saint HilaireやGem' Horizonなども人気が高いようです。また、ポーランド発のEva Naturaのようにエッセンスだけでなく、ジェモセラピーを取り入れたジェルやクリームなど日常で簡単に使える商品なども面白いですね。

野菜の新芽の栄養に注目してスプラウトを料理に使って食べたり、人の幹細胞を使ったコスメが流行っていたり、成長エネルギーが溢れる力は私たちにメリットをもたらしてくれますね。

植物の新芽や蕾を用いた、新しい植物レメディであるジェモセラピーはこれからさらに研究され、日本でも人気が高まりそうです。

当記事はYOGA HACKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ