『サスペリア』 ルカ・グァダニーノ監督 来日インタビュー/Interview with Luca Guadagnino about “Suspiria”

NeoL

2019/1/23 18:00



「決して一人では見ないでください」——そんなキャッチコピーが話題となった、巨匠ダリオ・アルジェントの伝説のホラー映画『サスペリア』が、約40年の歳月を経てリメイクされた。メガフォンを取ったのは、アルジェントと同じくイタリア出身で、昨年は映画『君の名前で僕を呼んで』が大ヒットを記録したルカ・グァダニーノだ。監督は10代の頃に魅了されたという『サスペリア』を見事に再構築。70年代のベルリンを舞台に、世界的な舞踏団に入団した若き女性ダンサーが、そこに潜む知られざる秘密に翻弄される姿を恐ろしくも美しく描いた。来日した監督に、作品への想いや制作秘話、音楽を手がけたトム・ヨークや、女性ばかりのキャストについて聞いた。

——ホラーファンから絶大な人気を誇る名作『サスペリア』ですが、リメイクを依頼された時はどう思いましたか?お気に入りの作品のリメイクとなると、批判的なファンも多いですよね。

ルカ・グァダニーノ監督「それは私も同じだよ。今回は頼まれたのではなく、自分でリメイクしようと決めたんだ」

——おっしゃるように、あなた自身もお気に入りの映画がリメイクされることについては批判的とのことですが…

ルカ「リメイクは良くないからね」——では今回はなぜ、リメイクを作ろうと思ったのですか?

ルカ「私は別にリメイクが好きではないわけではなく、準備を怠って、考えなしに作られている作品に反対なんだ。リメイクとは過去に作られたものを真似することだと考える人がいるので、最も安易なアプローチを取られかねないんだよ」

—— How did you feel when you were asked to remake the classic film that is very popular among horror fans?Usually, fans are very critical when someone tries to remake their favorite films.

Luca : “Me too. I haven’t been asked to remake, I decided myself.”

——As you said, you too are very critical of somebody who tries to remake your favorite films, but… “Because they are not good.”

Luca : “Because they are not good.”

——So why did you decide to do it this time?

Luca : “It’s not that I don’t like remakes. It’s that the logic behind making films sometimes is the one of somebody who is not well prepared, or somebody who doesn’t put the care. So remakes could be the least careful movies in terms of approach, because some people think remakes mean to imitate what have been done.”

NeoL_Luca2

——なるほど。

ルカ「完璧な例は、ハワード・ホークスが製作した『遊星よりの物体X』の2つのリメイクだ。ハワード・ホークスの作品は傑作で、その後、ジョン・カーペンターという偉大な監督によってリメイクされた。彼の手がけたリメイクは傑作だったが、劇場公開時は受け入れられず、後に名作として認められたんだ。そして、5、6年前にハリウッドが再びリメイクしたわけだが、その際はジョン・カーペンターの作品が完全にコピーされていた。しかし、ジョン・カーペンターはコピーしたわけではなく、ハワード・ホークスの作品のエッセンスを用いて、自分自身の作品に仕上げていたんだ。ジョン・カーペンターの模倣品は大惨事だったよ。なぜなら、そこにはテンションもなければ、築き上げられたものもないから。同じ設定で、同じ状況なのだけれど、時間や空間の感覚がなかったし、編集も考えられていなかった。だから、私はリメイクに限らず、空間や時間、編集を考慮せずに作られた映画に批判的なんだ。『サスペリア』をリメイクするにあたっては、時間や空間やペースに非常にこだわった。それが伝わることを願っているよ」

——子どもの頃にサマーキャンプに行った先でオリジナル版『サスペリア』のポスターを見たそうですね。その後、実際に映画を観て感動したそうですが、それがきっかけでフィルムメーカーになりたいと思ったのですか?

ルカ「いや、私は4歳か5歳の頃からフィルムメーカーになりたかったんだ」

——大好きな映画というのは、触れずに宝物のようにとっておきたいという人も多いかと思います。でも、あなたの場合はリメイクを作りたかったわけですね。

ルカ「そうだね、ある意味、人食い人種的な愛情だったんだ。これまでに読んだ中で最も心を乱された物語は、自分の欲しい人を食べようとする男の話だった。恐ろしいけれど、同時に愛とは何かを大いに語っていた。誰かを自分のものにしたいがあまりに、相手の肉を自分の肉にしてしまうんだ。私は現実には人食いではないけれど、『サスペリア』のような映画に関しては、作品を理解しようとした。おそらくそれが私のアプローチだったんだろう」

——I see.

Luca : “Very perfect examples are two remakes of Howard Hawks’ ‘The Thing.’ Howard Hawks’ movie was a masterpiece, then a great director like John Carpenter decided to approach it and made it into a masterpiece. It was rejected when it came out in theaters, but became a classic afterwards. And then, Hollywood tried to remake it five, six years ago, and they copied John Carpenter’s film completely. But John Carpenter didn’t copy Howard Hawks. He took the essence of Howard Hawks’ film and made his own film. So the imitation of John Carpenter was catastrophe because there was no tension, no build-up. You have the same setting, the same circumstances, but there is no idea of time and space. There is no idea of editing. So I’m critical of remakes because… actually, I’m critical of cinema when it comes to an approach that doesn’t take any consideration in space, time and editing. So when I decided that I wanted to remake ‘Suspiria,’ I tried to be very specific about time, space and pace. And I hope this comes across.”

——I read that you first saw the poster at the summer camp when you were young,and then you watched the film later and were very touched. Did it give you an idea that you wanted to become a filmmaker?

Luca : “No, I already wanted to become a filmmaker since I was four or five years old.”

——I think what often happens is that when you like something so much, you just want to treasure it and don’t want to touch it. But in your case, you wanted to remake it.

Luca : “Yeah, it’s almost like a cannibal love. One of the most upsetting stories I read was about this man who tried to eat the people he wanted. It’s terrifying, but at the same time, it tells you a lot about what love means. Sometimes, it means to possess someone to such a degree that you have to basically make the flesh of the other into your own flesh. And not that I’m a cannibal in real life, I think with a movie like ‘Suspiria,’ I’m trying to understand. That was probably my approach.”

NeoL_Luca1

——トム・ヨークが手がけた音楽も素晴らしかったです。

ルカ「私に言わせれば、トム・ヨークのサウンドトラックは、とても良いバランスをとってくれたように思う。そこにはこれから起こることや、何かを切望する感覚が含まれており、映画のストーリーが黙示されているんだ」

——トムをどのように説得したのですか?

ルカ「最初は大変だったよ。トムに参加してもらうのは簡単ではなかった。彼はミュージシャンだけれど、映画音楽を手掛けるのは初めてだし、作曲家でもないからね。素晴らしいミュージシャンであり、ロックスターなんだ。だから、いろんなフィルターを通す必要がある。最初にアプローチした時はうまくいかなくて、何度も主張していたら会えることになったんだ。私の話を聞いてくれたとはいえ、最初はあまり乗り気ではなかった。でも、私は主張し続けた。2回目に会った時には、ホラー映画にありがちな音楽は嫌だよね、という話をした。私たちは恐怖を示唆するような音楽は求めていなかったんだ。それよりも、音楽そのものがキャラクターのようなものにしたかった。それに、時間の感覚で遊びたいと思った。マダム・ブランがダンスを製作する時に委託するような音楽を作ってほしいと頼んだら、すごく興味を持ってくれた。トムはそうやってたくさんのことを考えていくうちに、すごく刺激されたのだと思う」

——事前にどれくらいの素材を渡したのですか?ルカ「サウンドトラックを制作する上で参考にするために、アルノルト・シェーンベルグの『浄められた夜』を渡したんだ」

——音楽は撮影前に作られたのですか?

ルカ「そうだよ。私たちは(撮影の)数ヶ月前から音楽制作に取り組み始めた。トムは僕らが撮影に入る前に、いくらか音楽を送ってくれた」

——キャストも音楽を聴くことができたのですか?

ルカ「一部はね。あとは映画のオープニングとエンディングに流れる”Suspirium”も撮影前に完成していた」

——I really loved the music by Thom Yorke as well.

Luca : “I think Thom Yorke’s soundtrack, in my opinion, is a great balance. There is something about a sense of revelation or a sense of longing in a way, it is implied in the story of this film.”

——How did you convince Thom to score this film?

Luca : “Well at the beginning, it was difficult. It wasn’t an easy task to get Thom on board. Because Thom is a musician, but he is not a composer of soundtracks nor a composer. He’s a great musician and rock star. So you always have to cross filters.And I tried to approach him and didn’t succeed, and after many insistences, I had a meeting with him. He listened to me but I don’t think he was really impressed at the time. But I kept insisting. So the second time we sat, we spoke about the music behind horror movies as something we didn’t want. We didn’t want the music that suggested horror. We wanted the music that was a character in itself. Also, we wanted to play with the sound of the time. Thom was very interested in what I asked him, which was to compose the music that Madame Blanc had commissioned for her piece of dance. So there was a lot of thinking that he had to process, and I think he was very stimulated by that.”

——How much material did you give him beforehand?

Luca : “I gave him ‘Verklärte Nacht’ by Arnold Schoenberg to think about a part of the soundtrack.”

——So the music was made before the filming?

Luca : “Oh yeah. We started working together few months before (the filming), and he sent us some music before we started filming.”

NeoL_Luca4

——オリジナル版で主演を務めたジェシカ・ハーパーの出演は、ファンにとってうれしいですよね。彼女を演出するのはどんな気分でしたか?

ルカ「ジェシカは素晴らしい人で、すごく地に足のついた人なんだ。初めて会った時に出演を依頼したら、引き受けてくれた。10月の時点で、セリフはすべてドイツ語だと伝えてあったのだけど、撮影は3月だったから、彼女には数ヶ月間だけ準備期間があったんだ。とても寒い中に屋外で撮影をして、僕が『アクション!』と言ったら、彼女はドイツ語で長いモノローグを披露してくれた。美しかったよ。彼女は素晴らしい人なんだ」

——現場では、彼女とオリジナル版の『サスペリア』の話をしましたか?何かアドバイスはありましたか?

ルカ「アドバイスはくれなかったけど、(オリジナル版について)少しだけ話した。でも何を話したかは秘密だ」

——ティルダ・スウィントンとは、『サスペリア』のリメイクについてかなり前から話していたそうですね。その間に『ミラノ、愛に生きる』や『君の名前で僕を呼んで』などを制作されていましたが、なぜこのタイミングで『サスペリア』を手がけたのですか?

ルカ「パートナーたちと一緒に、2008年に『サスペリア』のリメイク権を買ったんだ。他の監督やキャストで制作しようとしたんだけど、その可能性が消えて、だったら自分で作ろうと決めた。ずっと自分で作ってみたかったのだけど、リメイク権を買った時点では、業界内で自分のバージョンを実現するだけのお金を集められる位置にはいなかったんだ。後になってからその位置につけたから、自分でも制作することが可能になった」

——この映画は母性について描いたそうですが、母性のどのような一面を描きたかったのですか?

ルカ「私は本作を生命の誕生と破壊についての作品だと思っている。子どもを産むと同時に、自分が生み出したものに敵対する母親がいるんだ。彼女たちは子どもたちを操ろうとする間違った母親だ。私にとって興味深かかったのは、そのようなひどい母親と呼ばれる存在だった」

——オリジナル版を手がけたダリオ・アルジェント監督とお会いになったことはありますか?

ルカ「はい。私は監督の虜だったんだ。14、5歳の頃、レストランで監督を見かけて、ガラス越しにずっと見つめていたのを覚えている。その数年後に会うことができて、君が私に取材しているのと同じように、私も監督にインタビューしたんだ。それからは友だちになって、何度か会ったよ。何年も前の話だ」

——アルジェント監督にリメイクを見せた時は、どんな気分でしたか?

ルカ「監督のための試写会を行ったのだが、私はその場にいなかったんだ。もちろん、彼がどう思うかは興味津々だった。でも同時に、ダリオは人に対してあまりオープンではなく、とてもプライベートな人なんだ。だから、私は彼に映画を見せたいとは思ったけれど、見返りは求めていなかった。でも彼は映画を観た後に電話をくれて、さらには声明文を発表してくれた。彼は声明文の中で、私が監督した作品は知的で繊細だと述べ、自身の作品については残忍だと表現していた。それは興味深かったよ。なぜなら、私はここ数年にわたって、ダリオの作品はとても繊細で、まるで子どものためのおとぎ話のようだと悟っていたから。つまり、私たちはお互いについて同じことを言い合っていたんだ。電話で話したことについては、自分の中にとどめておきたい」

——So the actresses were able to listen to the music?

Luca : “Some of it, yeah. And the song ‘Suspirium’ that opens and closes the movie was done before we started shooting.”

——I think fans would be thrilled to see Jessica Harper who was the star of theoriginal film. How did you feel to direct her?

Luca : “Jessica is a wonderful person and she’s such a grounded person. When I spoke to her for the first time, and asked her to play in the movie, she said yes. In October, I told her that the character speaks only in German, and we shot her scenes in March. So she had few months to prepare for herself. When she showed up on set,it was very cold and we were outside. I said “action!” and she went into this very long monologue in German. It was beautiful. She’s a wonderful person.”

——Did you talk about the original version with her? Did she give you any advice?

Luca : “She didn’t give me any advice, but we spoke about it a little bit. But what we talked about is private.”

——I heard that you and Tilda Swinton had been discussing about this remake for a long time, but you made some other movies including “I Am Love” and “Call Me By Your Name” first. Why did you decide to remake “Suspiria” at this point?

Luca : “I bought the right with my partners for remaking ‘Suspiria’ in 2008. We tried to make it with different directors and cast, and when the possibility to make it with somebody else didn’t happen, then I decided I was going to make it. I always wanted to remake ‘Suspiria’ but when we approached the right, I realized I wasn’t in the position in the industry to collect the money needed making my version.Afterwards, I got the position so that’s why it was possible for me to do it.”

——I read you mentioned that this film is about motherhood. What aspect of motherhood did you want to portray through this film?

Luca : “Well I think it’s about generation of life and destruction of life. There are mothers who are giving births, and at the same time, antagonizing the creature they gave births to. They are falsely mothers, the ones who only manipulate their children. So the aspect of the mother who is called a terrible mother that was interesting tome.”

——So you have met Dario Argento?

Luca : “Yes. I’ve been obsessed with him. I remember when I was 14 or 15, I saw him in a restaurant and I spent my time looking at him through the glass. Then I met him few years later, I did an interview with him like you are doing with me. Then we became friends and we met few times. It was many years ago.”

——How was it like to show him your remake?

Luca : “I wasn’t there. We organized a screening for him, and of course I was very interested to know what he thought. But at the same time Dario is not someone used to be open to people. He is very private. So I wanted to show it to him but I didn’t want anything in exchange. He called me after he saw the film. Also, he made a public statement. In the public statement, he said the movie that I directed is an intellectual movie and a delicate movie. And he described his movie as ferocious. It’s interesting because for few years I realized Dario’s films are very delicate, almost like fairy tales for children. So basically, we are saying each other the same thing in reverse. What we talked about on the phone is private.”

NeoL_Luca5

——過去にも一緒に仕事をされたティルダ・スウィントンとダコタ・ジョンソンに加えて、今回はクロエ・モレッツと初めてタッグを組んでいますね。彼女たちをキャスティングした理由や魅力を教えてください。

ルカ「彼女たちは素晴らしい女優だ。それぞれが素晴らしいものを提供してくれた。それに、僕は彼女たちと一緒に過ごしたかったんだ。すべて良い理由だよ。一緒に映画を作りたかったし、今後もたくさん作りたいと思う」

——主人公のスージーを演じたダコタ・ジョンソンのどんなところが特別でユニークだと思いますか?

ルカ「ダコタはとても賢くて、そしてとても皮肉っぽいところもあり、ウィットに富んでいる。非常に洗練された演技ができる女優だと思う」

——クロエを抜擢した理由は?

ルカ「クロエの演じた役は映画の引き金を引くんだ。観客を映画に引き込むことが目的だった」

——映画を見終わるまで、ティルダが三役を演じていることに気づきませんでした。3つの役にはそれぞれに精神的な意味合いが感じられますが、その三役を一人の役者が演じるというのは面白いアイデアですね。

ルカ「人間の精神の非常に密接した3つの側面(イド、自我、超自我)を、同じ人が演じたら面白いと考えたんだ。それと同時に、女性を祝福し、女性の闇を探究したこの作品において、声を発する唯一の男性を女性が演じるというアイデアも気に入った」

——現場ではクレンペラー博士を演じたのがティルダだとみんなわかっていたのですか?

ルカ「全員ではないよ。最後まで気づかなかった人もいた。イングリッド・カーフェンは、ルッツ・エバースドルフという俳優として現場入りしたティルダを誘惑しようとしていたくらいだ。ティルダは喜んでいたよ」

——長年にわたってコラボレートされているティルダは、あなたにとってどのような存在ですか?

ルカ「とても親愛なる友人だ」

——最後に、アルジェント監督が『サスペリア』に続いて制作した『インフェルノ』のリメイクには興味ありますか?

ルカ「ノー」

——You have worked with Tilda Swinton and Dakota Johnson in the past, and this time, you worked with Chloe Moretz for the first time. What were the reasons you cast these actresses and what did you like about them?

Luca : “They are all fantastic actresses. Each of them brings something fantastic. And I wanted to spend time with them. All the good reasons. I wanted to make a movie together and many more.”

——What do you think is special and unique about Dakota?

Luca : “She is very clever and very ironic and witty. I think she acts in a very sophisticated way.”

——Why did you decide to cast Chloe for that part?

Luca : “She triggers the movie. The intention was to pull the audience into the film.”

——I didn’t know that Tilda was playing three roles until after I watched it. And each of those three roles seems to have meanings not just physically but mentally as well, and I thought it was interesting to have her play all three.

Luca : “Well I thought it was interesting to have the same person interpreting three aspects of human psyche that are so connected to each other. And at the same time, I like the idea that in the movie that celebrates women and explore the darkness of women, the only man who speaks voice is a woman.”

——Did everyone know that it was Tilda who played Dr. Klemperer on the set?

Luca : “Not everybody. Some of them never found out. I remember Ingrid Caven tried to seduce Lutz Ebersdorf, actor played by Tilda. Tilda was amused.”

——You have been working with Tilda for a long time, but who is Tilda for you?

Luca : “Very dear friend.”

——Lastly,are you interested in making “Inferno”?

Luca : “No.”

photography Riku Ikeyatext Nao Machidaedit Ryoko Kuwahara

『サスペリア』2019年1月25日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

【STORY】1977年、ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団<マルコス・ダンス・カンパニー>に入団するため、スージー・バニヨンは夢と希望を胸にボストンからやってきた。初のオーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大事な演目のセンターに抜擢される。そんな中、マダム・ブラン直々のレッスンを続ける彼女のまわりで不可解な出来事が頻発、ダンサーが次々と失踪を遂げる。一方、心理療法士クレンペラー博士は、患者であった若きダンサーの行方を捜すうち、舞踊団の闇に近づいていく。やがて、舞踊団に隠された恐ろしい秘密が明らかになり、スージーの身にも危険が及んでいた――。

監督:ルカ・グァダニーノ『君の名前で僕を呼んで』音楽:トム・ヨーク(レディオヘッド)出演:ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、ミア・ゴス、ルッツ・エバースドルフ、ジェシカ・ハーパー、クロエ・グレース・モレッツ(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights ReservedOFFICIAL SITE

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ