【ビルボード】V6『ONE PIECE』新OP曲「Super Powers」アニメ・チャート首位デビュー TMN「GET WILD」にも注目

Billboard JAPAN

2019/1/23 14:12



2019年1月28日付(集計期間:1月14日~1月20日)の“JAPAN Hot Animation”チャートでは、V6の「Super Powers」が1位を獲得した。

2018年10月からTVアニメ『ONE PIECE』のオープニング主題歌としてオンエアされている「Super Powers」は、CDセールス1位、ルックアップ1位、Twitter4位、ラジオ6位と圧倒的なセールス・ポイントで首位デビューを果たした。歌詞の中に「仲間」や「冒険」といった『ONE PIECE』を彷彿させるフレーズが登場し、さらには3形態で発売された本作の通常盤のジャケットに、ルフィら『ONE PIECE』のキャラクターとV6メンバーが描かれたコラボが実現していることから、V6のファンのみならず『ONE PIECE』ファンにもアピールしたことがセールスに繋がったのではないかと思われる。

続く2位には、現在公開中の映画『劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel]」II.lost butterfly』の主題歌であるAimer「I beg you」がチャートイン。総合順位は前週から1ランク下げたものの、ラジオ4位、セールス3位、ダウンロード1位、ルックアップ2位、Twitter7位と、いまだダウンロードで高い人気を保ち、ラジオと動画再生回数のポイントが前週よりアップしていることから様々なツールで聴かれていることが分かる。

そして3位には、こちらも公開中の映画『ドラゴンボール超 ブロリー』より三浦大知「Blizzard」がチャートイン。前週を上回る総合ポイントを稼いで、トップ3チャートインを7週目に更新した。現地時間1月16日にアメリカとカナダで公開された『ドラゴンボール超 ブロリー』は週末興収4位という快挙を達成している。「Blizzard」に続いて当週4位にチャートインしたのが、TVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』のエンディング・テーマである天月-あまつき-「恋人募集中(仮)」で、その差は僅か500ポイントだった。

トップ10圏外であるが、青山テルマ「In This Place~2人のキズナ」(映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』)はラジオ1位のポイントが引っ張って初登場11位にチャートイン。アニメ映画の楽曲が多くチャートインしている中、9位についているTM NETWORKの「Get Wild」(『劇場版シティーハンター<新宿プライベートアイズ>』主題歌)は、2月8日の映画公開を控える中、TM NETWORKとスギちゃんや小島よしおら“一発屋芸人”が共演する『モンスト』と映画のコラボCMが話題に。映画公開後、どんなチャート・アクションを見せるのか、その動向に注目したい。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「Super Powers」V6
2位「I beg you」Aimer
3位「Blizzard」三浦大知
4位「恋人募集中(仮)」天月-あまつき-
5位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
6位「ピースサイン」米津玄師
7位「RESISTER」ASCA
8位「Palette」島村卯月(大橋彩香),小日向美穂(津田美波),五十嵐響子(種﨑敦美)
9位「Get Wild」TM NETWORK
10位「Defiance」雨宮天

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ