大泉洋らTEAM NACSの“母”伊藤亜由美に密着!「オフィスキュー」が全国で愛される理由とは?

テレビドガッチ

2019/1/22 16:00

1月22日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:15~ ※通常は23:00~)は、森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真の5人組からなる演劇ユニットTEAM NACSの“母”と呼ばれる、北海道の芸能プロダクション「クリエイティブオフィスキュー」の社長・伊藤亜由美に密着する。

同番組はテレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野でそのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。

今回密着する伊藤は、北海道で生まれ育ち、短大を卒業後、地元のアパレル会社に勤めながら劇団員として活動していた。しかし、当時の北海道には、食べていける事務所は皆無。そんな状況を変えたいと思い、1992年、当時劇団を主宰していた鈴井貴之と共に「クリエイティブオフィスキュー」を立ち上げた。北海道で芸能プロダクションなど無謀だと言われ、「東京の事務所にへーこらしてなんなんだろうって、すごい悔しい思いをした……」と語る。

所属タレントを育てるために、伊藤が最も大切にしていることとは? 大泉、安田らへのインタビュー、更に、彼女が中心に行う取り組みを知ることで、「クリエイティブオフィスキュー」が北海道のみならず、全国で愛される理由が見えてくる。そして、二人三脚で事務所を支えてきた鈴井とは、実は“元”夫婦。2年前に離婚したものの、伊藤が社長として、鈴井が会長兼タレントとして、今も同じ職場で作品を作り続けている。北海道を拠点に道なき道を切り開き、事務所を日本屈指のエンタメ集団へと引き上げた伊藤の7つのルールとは?

スタジオでは、伊藤と鈴井の関係性を見たYOUが、「別れた人と連絡を取るか?」という話題を他の出演者に質問。すると、「連絡を返すということは、イコール◯◯ということでしょ?」という本谷有希子の答えに、一同騒然! 更に、若林正恭(オードリー)が、別れた女性と7年ぶりにばったり再会した時に考えたことを明かす。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ