ブラック企業にありがちなこと22連発「残業代・有給という単語が言えない空気」「気合と根性で人生乗り越えてきた体育会系上司」



たびたびニュースなどで話題になるブラック企業の存在。不当な待遇を受けてもなかなか転職には踏み切れず、多くの人が泣く泣くブラック企業で働いているといいます。みなさんの働く環境は大丈夫でしょうか……?

ブラック企業にありがちなこと22連発


今回のあるあるは「ブラック企業にありがちなこと」。実際にブラック企業で勤めたことがないという方も、ブラック企業で働いている人の話は聞いたことがあるのでは。こんな環境で働いているという人がたくさんいるんだと思いながらご一読ください。

1. 「残業代」という単語を口に出してはいけない
残業代の交渉をしようものなら上司の機嫌が一変。悪いことをしているのがわかっているからか、全力で話をさせない雰囲気を作ります。

2. そもそも残業という概念がない
時間内に仕事が終わらないのは自分の能力が足りないから。それなのに残業代が出るわけないだろ? という考えなのです。

3. 求人情報と仕事内容が全然違う
デザイナーとして入社したはずなのに、なぜか系列事業のラーメン屋に配属された、なんていうケースも本当にあるそうです。

4. 面接に行ったら即採用
求職中の身にはありがたい話でもありますが、それだけ慢性的に人手不足という場合も……。



5. 幹部と上司が体育会系
気合と根性で仕事のみならず、人生を乗り切ってきたのでしょうし、それを全員に強要してきます。

6. アピールポイント「アットホームな職場」
ほかにアピールできる点がない会社が求人情報に書きがち。そして実際は全然アットホームじゃない場合も……。

7. アピールポイント「若いメンバーが活躍」
30代~40代の社員が次々と辞めてしまうため、若いメンバーしか残されていないという可能性も。

8. 定時にタイムカードを押すことを強制
タイムカードを押したらそのまま仕事を再開。まったく意味がありません。

9. そもそもタイムカードがない
勤務時間の管理を一切せず、残業もゼロという潔いブラック企業も存在。そういう会社に限って遅刻にはうるさかったり……。ちなみに見込み残業はパケ放題状態です。

10. 親族が亡くなる→証明書持って来い
親族が亡くなっても休ませてくれないブラック企業もあります。「証明書持って来い」とか言われて、そんなものあるかい!と……。

11. 寝袋が常備されている
ホワイト企業なら、震災時以外にはほぼ必要のないアイテムですよね。

12. 徹夜時はソファーの奪い合い
誰がソファーで寝るか戦いが起こります。床や机で寝るのも慣れたものですが……。

13. 帰るより会社で寝るほうが楽と思い始める
1時間かけて家に帰って寝て、起きてまた1時間かけて通勤するより、その分会社で寝たほうがマシと思うようになってきます。



14. 新規事業をやりたがる
事業がうまくいっていないときに新規事業を始め、傷口を広げるブラック企業。

15. 私用携帯電話をガッツリ使わせる
社用携帯? なにそれ? 社員とLINE交換、電話番号交換は日常だし、仕事で電話をかけても電話代なんて支給されません。

16. 備品代は自腹
ティッシュや文房具さえも自腹で購入。もちろん経費精算なんてできません。

17. 元旦でもテレアポ
元旦からやっている業種をターゲットにテレアポしている会社も。仕事とはいえ、相手側もいい迷惑だと思いますが……。

18. 大雪でも出社を厳命
電車が完全に止まってしまっても「なんとかして来い!」と厳命。しかし命令した上司が出社してこなかったり……。

19. 休みは上司のパシリ
せっかくの休日なのに上司とのゴルフや、引越しの手伝いなどでタダ働きさせられます。

20. 喫煙者には甘い
就業時間が長いのになかなか休憩もできないブラック企業。なのに喫煙者は一服する時間をもらえるものだから、会社に入ってからタバコを吸い始めるという人も……。

21. なぜか有給をとらせてもらえない
そもそも「有給とらせてください」といえる空気ではない。

22. 幹部だけはガッポリ稼いでる
偶然社長のデスクの上に置いてある資料を見てしまってびっくり。社員はみんな薄給なのに、幹部はこんなにもらってるのかよ……と愕然とさせられるブラック企業です。


速やかに転職するべき!


もし自分が働いている会社がブラックだと感じるなら、転職も視野にいれてみては?我慢しながら働き続け、心身ともにボロボロになる前に、速やかに転職して少しでもホワイトな環境に移るべき。きっと自分にあった仕事先が見つかるはずです。

とはいえ、ルールや法という面で見ればブラックでも、スタッフたちがやる気を出して「ハリキリすぎて必然的にブラックになってしまった」「苦にならないブラック」という会社も多々あるようで、今後もこの議論は続きそうです。

WRITER

  • 毬藻練子 (まりもねっこ)
  •        

  • 執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! 

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ