矢田亜希子、妖艶な衣装で向井理の恋人役に『約束のステージ』

テレビドガッチ

2019/1/22 06:00

矢田亜希子が、2月22日(金)21時から放送される、読売テレビ開局60年スペシャルドラマ『約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演、向井理の恋人役を演じることがわかった。

『スター誕生!』に先駆け、1970年代に放送されていた読売テレビ制作の本格的オーディション番組『全日本歌謡選手権』。プロ・アマ問わず歌手を志す人々が厳しい審査を経て10週勝ち抜きを目指すという形式で、五木ひろし、八代亜紀、山本譲二、天童よしみら多くのスターを輩出した。本作では、この番組をモチーフに、歌手になることを夢見るヒロインの奮闘と成長を描く。歌手になる夢を抱きながらも、その夢を諦めかけている主人公・小沢翼役を土屋太鳳が、翼と一緒に歌手を目指す大空つばさ役を百田夏菜子(ももいろクローバーZ)が演じる。また、2人の少女の歌の才能に気づき、行動をともにする元歌手のちょい悪男・津島浩一郎役を向井が演じる。

矢田は、浩一郎の彼女・高原紅子役で出演。紅子はスナック「紅」を経営しており、浩一郎が、歌手を目指して上京し、「紅」に流しの営業でやって来た時に出会った。歌に挫折してやさぐれた浩一郎に、何度も裏切られながらも“出来の悪い弟”のように面倒を見ている。そして浩一郎が再び夢を取り戻すことを心から願っている女性だ。

このほか、松本利夫、佐伯大地、石黒賢、升毅、石野真子の出演も発表された。それぞれの役は以下の通り。

松本が演じるチンピラの根津光男は、浩一郎の前に現れる厄病神的存在。

佐伯が演じる神谷俊介は、読売テレビのアシスタントディレクター。全日本歌謡選手権の予選で翼に出会い、片想いをする、純情で、熱く真っ直ぐな好青年だ。

石黒が演じる北嶋光雄は『全日本歌謡選手権』を企画した読売テレビの名物プロデューサー。誰にも物怖じしない豪快な人物で大御所先生の圧力にも屈せず、事務所からの裏金等の工作には激しく憤る。翼とつばさの才能を認めてはいるが、敢えて突き放す。

升が演じる田中竜次は、つばさの父親だと名乗る人物。家出をしたつばさを探し出して連れ戻そうとする。

石野が演じる小沢雪子は、翼の母親。夫を早くに亡くした後、東北の港町で食堂を営みながら、一人娘の翼を女手一つで育ててきた。翼の良き理解者ではあるものの、翼から夢も何もないつまらない人生だと言われショックを受ける。だが雪子は、翼がいつか理解してくれることを信じている。

<あらすじ>
物語の主人公・小沢翼は、歌手になりたいと願いながらも夢を諦めかけていた。そんな中、彼女は2019年から1975年の東京にタイムスリップ。そこで奇しくも同じ夢を抱き、同じ名前を持つ同い年の大空つばさと出会う。そして、一緒に歌手を目指すことになる翼とつばさ。2人の目標は「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜き、レコードデビューすること。はたして、翼とつばさは、夢をかなえられるのか?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ