嵐「解散説」を加速させた二宮和也の意味深な発言と彼らの結婚

wezzy

2019/1/20 02:05


 昨年末、突如として持ち上がっていたの「解散説」。これは櫻井翔が、同窓生との飲み会で、「嵐はもう解散する」「1月以降はスケジュールも入っていない」などと言っていた……というスポーツ紙の報道が発端だった。

しかし嵐は今年、20周年アニバーサリーとして全50公演の全国ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」をおこなう。総動員数237万5000人と発表されており、超人気プラチナチケットである嵐のコンサートに、ファン全員が入れるようにと配慮されている。当然、「1月以降のスケジュール」もみっちりである。

そもそもSMAPが不在となった今のジャニーズ事務所で、嵐が解散するようなことになれば、経営的に大打撃。嵐のほうがSMAPよりファンクラブ会員数が多いことはもちろんだが、嵐のファンクラブ会員数はジャニーズの全グループの中で群を抜いている。

また2020年の東京五輪にジャニーズ事務所が強い思い入れを持っていることも自明で、そのテレビ放映に際して嵐がキャスターとして食い込めるよう、NHK紅白歌合戦の白組司会をメンバー一人ずつが5年かけて完遂するという計画も、2015年から伝えられてきた。

そんな状況で突如として「解散説」がわいても、信憑性は非常に薄い。

だが昨年12月、二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm78)で人間関係のスタンスについて語っていたことも、嵐の「解散説」を後押ししていた。番組では、高校3年生だというリスナーからのメールが紹介された。

「中学の頃からずっと仲が良かった子と高校でも仲良くしていました。ですが、お互い不満が溜まっていたのだろうと察した私は何も言わずにその子との距離を置きました。今思えば、ちゃんと面と向かってお互いが思っていたことを言えばよかったと本当に後悔しています。その子に『勝手に離れてごめんね』と言いたいです」

メールを読み上げた二宮はまず「(ごめんねと)言えばいいじゃん、ダメなの?」と言いつつも、「でもほら、色んな人いるじゃん、これに関しては。俺、面と向かって言われたら多分、死ぬまでそいつのこと恨むタイプだから。喧嘩して仲良くなると思ってないタイプだから」「河原とかで喧嘩してさ、『お前強いな』『お前も強いな』みたいな、なんか絆が生まれるとかあるじゃん? あんなの絶対ないと思っているから。世の中的にあったとしても俺の中ではもうそれは絶対にないの。喧嘩したらそこまでだから」と、語った。

その後も、「冷めすぎ? 冷めすぎかな? そんなものだよ」「去る者なんか追わなないよ」「俺は黙々とやりたいタイプだから」「色んなことをやっていく中で、『それさ、もっとこうしてよ、ああしてよ』って言われたら『ああわかった、ごめんね』って言うけどめちゃくちゃ……『もういいや勝手にやろう』って。同じ土俵に上がりたくないって思っちゃうの。そしたらこっちだって100万倍言いたいことあるんだけど、みたいな。でも言わない、みたいなっていう。そんな同じところ上がってもしょうがないだろ。何か言われたら言うの? じゃあ私も言わしてもらうけど、みたいな?(その場にいるスタッフと会話してる感じですね)」と自己分析し、「俺ももしかしたらこういう勝手に離れちゃうタイプかもしれない。こういう人がいてもしょうがないし、逆に言うと、そうやってちゃんと面と向かって言っておけばよかったっていうのもあると思うし、色々難しいよね」と、喋り続けたのだった。

世間では、行き詰まった人間関係の修復方法として、お互いに思ったことを面と向かって言い合うこと、いわば“腹を割って話す”ことが推奨されることも多い。そうすることによって相手との相互理解が深まりもっと仲良くなれると考えられている節もある。だが二宮の中ではそれは「ない」ようだ。

しかしそんな二宮の性格から、嵐メンバーとも表面的な付き合いであり、実は不仲なのでは……と邪推するメディアが少なからず出始め、アニバーサリーイヤーだというのに未だに「解散説」がくすぶっているというわけだ。

同時に、二宮和也や松本潤、相葉雅紀にも「結婚」を予定する相手がいることが報じられており、特に二宮は相手女性が年上だということもあって、ファンやジャニーズ事務所が反対しても強行突破するのではないかとの声は大きい。このこともあり、嵐として活動するモチベーションを維持できるのかどうか危ぶまれている。

だが、嵐メンバーも全員がアラフォー。先輩グループであるV6はメンバー6人中4人が既婚者であり子供も誕生しているが、アイドルとして変わらぬ活躍を続けている。嵐が国民的グループといえるほど大きな存在であることは事実だが、であればこそ、結婚してもアイドルであり続け、後進に道を示したほうがいいのではないか。彼らの結婚を予感させる報道が「解散説」にまで発展してしまうのは、「彼らほどのアイドルは独身でいるべき」という価値観があるせいだろう。結婚しても、40代でも50代でも、「アイドル」でいられるし、音楽やパフォーマンスをファンに届けることができるはずだ。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ