国民的アイドルグループ・嵐の魅力を追求&解説!

UtaTen

2019/1/19 12:01

大人気アイドルグループ・とは?


嵐は、1999年9月15日に結成され、同年11月3日にデビューしたジャニーズ事務所所属の5人組アイドルグループです。

まずは、嵐について詳しく見ていきましょう。

メンバープロフィール



・相葉雅紀(あいばまさき)
1982年12月24日生まれ
千葉県出身

松本潤(まつもとじゅん)
1983年8月30日生まれ
東京都出身

二宮和也(にのみやかずなり)
1983年6月17日生まれ
東京都出身

・大野智(おおのさとし)
1980年11月26日生まれ
東京都出身

櫻井翔(さくらいしょう)
1982年1月25日生まれ
東京都出身

辞めたいメンバーが3/5いた!?


今年、結成20周年を迎える嵐。

実は、結成当初は5人中3人も「辞めたい」と考えるメンバーがいたとテレビ番組で明かしています。

櫻井さんは、大学に入学するタイミングで。

二宮さんは、海外に行きたいという思いで。

大野さんは、結成前既に辞めることを考えていたそうです。

しかし、ジャニー喜多川さんに「バレーボールのイメージキャラクターをやればいいじゃん」と言われたことをきっかけに、嵐が誕生したのです。

今や、結束力の強さも魅力の嵐。まさか半分以上のメンバーが辞めることを考えていたなんて、驚きですね…!

グループ名の由来


ジャニーズには、「Hey! Say! JUMP」や「Kis-My-Ft2」、「King&Prince」など横文字のグループ名が多い中、「嵐」という1文字のグループ名は目を引きますよね。

このグループ名は、「世界に嵐を巻き起こす」という意味の他にも、「嵐」の頭文字の「あ」「A」は50音、アルファベットの1番最初であることから、「頂点を目指す」という意味もあるそうです。

実は、当初この他にもグループ名の候補があり、それが「?(クエスチョンズ)」だったそうです。

また、滝沢秀明さんがジャニーさんに聞いたのは「曙(あけぼの)」だったとか・・・。

横文字名が多い中、日本らしい名前にしようというジャニーさんの思いもあったそうですよ。

覚えやすく印象的な名前で素敵ですよね。

嵐の厳選3曲を紹介


嵐の名曲は数えきれないほどありますが、今回はその中でも厳選した3曲をご紹介します!

A・RA・SHI


A・RA・SHIは、1999年11月3日にリリースされました。嵐と言えば、やはりこの曲は外せないのではないでしょうか?

デビュー曲として発売され、グループ名でもあるこの曲は、アップテンポな曲調と前向きな歌詞が耳に残ります。

こちらは、ワールドカップバレーボール起用曲としても広く知られました。

「嵐を巻き起こす」というグループ名の由来を直球に歌詞にしています。

デビューを果たした嵐が、これから夢に向かって突っ走る!というような勢いのある一曲ですね!

One Love


OneLoveは、2008年6月25日にリリースされました。

当時、松本さんが主演を務め、その人気は社会現象ともなったドラマ「花より男子F」の主題歌として発表され、長く愛されています。

真っ直ぐな愛をうたったこちらの曲は、飾らないそのままの歌詞が心に響きます。

どんな言葉をもらうより、このような真っ直ぐな言葉をもらう方がうれしいかもしれませんね・・・!

「きっと幸せにするから」という歌詞からも伝わるように結婚を思い浮かばせるこの曲は、堂々の結婚式定番ソングです!

夏疾風




画像引用元 (Amazon)

「夏疾風」は、2018年7月25日にリリースされました。

高校野球のテーマソングとして起用されたこの曲は、どこか懐かしい曲調も魅力ですが、頑張る青春時代をリアルに思い浮かばせる歌詞にも注目です。

実はこの曲の作詞作曲を担当したのは、「ゆず」の北川悠仁さん。

北川さんの、「頑張るみんなの背中を押せるような楽曲に」という思いが込められています。

夢を追う全ての人に捧げる応援ソングとして、見逃せない一曲です!

不動の人気に今後も期待!


いかがでしたか?

今年、結成20周年を迎える嵐。

数々の名曲を歌い、オールマイティに活躍する彼らから、今後も目が離せません!

TEXT mayuka

歌詞の意味を解読!?歌詞コラム3選


■幸せのカタチを問い掛ける。合わせて聴きたい嵐『LIFE』と『素晴らしき世界』

■嵐『Your Eyes』の相葉雅紀は、寄り添うような優しさであなたを包み込む。

■嵐のような王子様を夢見て…クリスマスは「WISH」を聴いて妄想だっ!

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ