未来を創造するテクノロジーカルチャーの祭典『Media Ambition Tokyo 2019』、六本木ヒルズ展望台を拠点に開催

SPICE

2019/1/18 19:00


最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するリアルショーケース『Media Ambition Tokyo 2019』(MAT)が、2019年2月23日(土)~3月3日(日)まで開催される。

今年で7回目を迎えるMAT。東京シティビューをはじめ、六本木、渋谷、銀座、虎ノ門、台場など、都内各所を舞台に最先端のアートや映像、トークショー等が集結。国内外のさまざまな分野のイノベーターや企業が参画する。2020年、都市の未来を創造するテクノロジーの可能性を東京から世界へ提示し、未来を変革するようなテクノロジーアートの祭典を目指す。

テーマは「ART & TECH TOKYO」。メディアアートシーンを牽引してきた多数の作家やクリエイター集団に加え、次世代を担う国内外新進気鋭の作家も集結し、MATにしかできない多彩なラインナップが実現。未来を演出するアーティストたちの作品に注目だ。



未来を演出するアーティストたちの作品に注目


テクノロジーとデザインの融合によって未来を見せる〈ライゾマティクス アーキテクチャー〉や、アートとエデュケーションの垣根を超えて作品を展開する〈チームラボ〉、アートと研究開発の両軸で近年メディアでの露出も多い〈落合陽一〉等メディアアートシーンを牽引してきた多数の作家に加え、「Pokémon GO」でタッグを組む〈ナイアンティック〉と〈ポケモン〉、「宇宙を人類の生活圏にする」をビジョンに掲げる次世代民間宇宙企業〈ispace〉、未来の体験を社会にインストールするクリエイター集団〈PARTY〉の初出展も決定。さらに次世代を担う国内外新進気鋭の作家も集結し、MAT にしかできない多彩なラインナップが実現、『ART & TECH TOKYO』をテーマにテクノロジーとデザイン、アートの壁を飛び越え横断するさまざまな視点、表現が2月のTOKYOを盛り上げる。




当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ