嵐・松本潤、『VS嵐』で発生したトラブルに「スタッフより先に動いて、すごい」と称賛続出


 の冠番組『VS嵐』(フジテレビ系)が1月17日に放送された。この日の対戦相手は「広島東洋カープ」チーム。プラスワンゲストとして滝沢カレンとスピードワゴン・小沢一敬が登場した。

この日も「キッキングスナイパー」や「スライダースマッシュ」などのゲームが行われ、両チームとも大盛り上がり。「クリフクライム」では、挑戦しようとする相葉雅紀が小沢から「昔どっかの野球の試合を観に行ってボール飛んできたことあるよね?」と話を振られ、「そうそう。横浜スタジアムで、(当時横浜ベイスターズのロバート・)ローズの打ったファウルボール肩に当たりました」と告白する一幕も。「お菓子の袋が開かなくてフーン! ってやってたらドーンって」とお茶目に話し、出演者たちの笑いを誘ったほか、視聴者からも「めっちゃ痛そうだけど笑ってしまった」「時々こういうミラクル起こすよね」「お菓子に夢中でファウルボールを食らう相葉ちゃん可愛すぎ」という声を集めていた。

最後の「ボンバーストライカー」では、先攻の嵐が終えた時点で得点差は610ポイント。カープの柱として活躍し、前シーズンで引退した新井貴浩元選手の最後の戦いとあり、カープチームの活躍が期待されていたが、まさかの出来事が起こってしまったのが第5投目。2番レーンにいた上本崇司選手が、下から上向きに向かって放ったボウリングボールがレーンに勢い良く落ち、マットがはがれ、穴が空いたような状態になるハプニングが発生したのだ。

しかし、ここで素早く対応したのが松本潤。即座に席から立ち上がると、隙を見て穴が空いた箇所に近づき、床を修理。これにより、その後の投球は支障なく進み、結果は広島東洋カープが790ポイント獲得し、新井元選手に花を持たせるような戦いとなった。

番組内で松本のこの素早い行動について触れられることはなかったものの、視聴者からは、「床がズレたらすぐ動いて直す! 仕事人・潤くんが大好き!」「スタッフより先に、さっと立ち上がって床を……松潤……どこまでイケメンなの?」「動ける男すごい。さすが」といった絶賛の声が続出している。

さりげない神対応で株を大きく上げた松本。いつもにも増して好感度を上げたようだった。
(福田マリ)

当記事はサイゾーウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ