元ももクロ・有安杏果、活動再開も「あの理由はなんだった!?」とファン激怒! 復帰早々、黄色信号!?

日刊サイゾー

2019/1/18 01:00


 2018年1月に「ももいろクローバーZ」を脱退し、芸能界を引退した有安杏果が1月15日、自身のTwitterにて「芸能活動再開」を発表した。

この日、ファンに向けて公開した直筆のメッセージでは、ももクロを脱退してからの1年が充実したものだったと告白。その上で「明日の生きる希望となるようなモノやココロをたくさんのみなさんに伝えたい」と思うようになったという有安は、個人事務所を設立し、芸能活動を再開すると発表した。

今後は「音楽活動や写真活動などを通して表現していく活動を始める」とのことで、「自分の歩幅で一歩ずつ全力で生きていきたい」と抱負をつづった。

突然の活動再開発表に、ファンから「待ってました~!」「おかえり!」といったメッセージがリプライ欄に殺到。その一方で、「素直に喜べない」というファンも多くいたようだ。

「『普通の女の子の生活を送りたい』という理由から突如グループを脱退した有安さんですが、たった2カ月でInstagramを開設。そのときから『目立ってるじゃん!』と疑問の声が上がっていました。さらに今回の活動再開で『ただソロをやりたかっただけでは?』といった厳しい指摘が殺到している状態。一部のファンは脱退後の有安さんのやり方をあまり良く思ってはいないようです。まあ、前事務所との取り決めで1年間は活動NGだったんだろうなと勘ぐる声も業界にはありますし、彼女の行動を見ていると、最初からソロで活動するつもりだったと、薄々感じてましたけどね」(アイドルウォッチャー)

また、ももクロ脱退に関し、当時は「メンバー内でのいじめが原因」とのウワサも出回っていたが、今回の発表で「疑われてたももクロがかわいそうだ」とメンバーたちへの同情論も続々上がっており、「有安に問題があったんだろう」という見方が強くなっているよう。

古巣であるももクロはこの発表の翌日、公式ホームページで「お互い、頑張ろうね」とコメントを出し、応援していたが……。有安は、幸先悪すぎるスタートを切ってしまったようだ。

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ