クリス・プラット、元妻にシュワルツェネッガーの娘との婚約報告していた

俳優アーノルド・シュワルツェネッガーの美人娘キャサリン(29)と7か月の交際を実らせて婚約した売れっ子俳優クリス・プラット(39)。女優のアンナ・ファリスと2017年8月に破局し、昨年11月に離婚が成立したばかりのクリスだが、キャサリンへのプロポーズの後にしっかりと元妻アンナに報告していたという。このほどアンナが、クリスからの婚約報告メールについて詳細を明かした。

クリス・プラットは2009年にアンナ・ファリスと結婚し、息子ジャック君(6)を一緒に育ててきた。残念ながら2017年8月に破局を発表したが、その2か月後にアンナはマイケル・バレット氏と交際をスタートし、クリスは昨年6月からアーノルド・シュワルツェネッガーの娘キャサリンと交際を続け婚約に至った。クリスとアンナの離婚は昨年11月に成立している。

クリスは現地時間14日にインスタグラムで「スウィート、キャサリン。君がイエスと言ってくれて本当に嬉しいよ! 君と結婚することにワクワクしているんだ。君と誓いを立て、強く生きていくことを誇りに思うよ。さぁ行こう!」とキャサリンと婚約したことを報告。さらにクリスはフェイスブックで「できるだけ長く秘密にしようとしたけど、パパラッチが僕たちの家の後ろの小道に居座って、ありとあらゆることを書き立てるんだ。僕たちがそれを喜ぼうが、喜ばなかろうがね。だから僕たちから婚約の発表をすることにしたんだ」と明かしていた。

クリス・プラットの婚約発表に元妻アンナ・ファリスも祝福のコメントをしていたが、事前に知らされていたもよう。アンナは現地時間15日に放送された自身のポッドキャスト『Anna Faris Is Unqualified』で「クリスが今朝、私にメールしてきて『昨晩、キャサリンにプロポーズしたよ』って。私は『あー! 素晴らしいわね』って感じだったわ」「それで、私は彼に『あなたに一応言っとくけれど、私は牧師だからね。上手じゃないけど』って返したの」とジョークで結婚式を執り行う牧師を買って出たことも明かした。

そんなアンナは「婚約することは分かっていたわ。彼女(キャサリン)のことも、彼のことも大好きよ。2人が出会ったことを私はとても嬉しく思うわ」と祝福している。

息子を一緒に育てているため、今でもクリスとアンナは交流があり、破局後も関係は友好的な様子。きっと元妻アンナから見ても、クリスがキャサリンに夢中なのは分かっていたのだろう。アンナも恋人マイケル・バレット氏と幸せになることを願いたい。

画像2枚目は『chris pratt 2019年1月14日付Instagram「Sweet Katherine, so happy you said yes!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ