マツコ、元“純烈“友井氏のスキャンダルを報じる週刊誌側に苦言

※画像は、マツコデラックス — ナチュラルエイト より


1月14日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、コラムニストのマツコ・デラックスが、暴力や金銭など複数の女性との間で問題があったと報じられ、芸能界を引退することになった「純烈」の元メンバー友井雄亮氏の話題で、スキャンダルを報じる週刊誌側に苦言を呈した。

マツコ「自分たちも相当ヒドイことやってる」


株式トレーダーの若林史江が「DVを受けたA子さんが知らないうちに週刊誌で報道されて。やっと傷が癒えてきたところに報道されてまた傷ついてしまうセカンドレイプなんじゃないかと思うんですよ。これがA子さんが自分が友井さんに仕返しがしたいとか、紅白出てふざけんなとか、私はこんなツラい想いしてんのにっていうことで週刊誌に売ったんであれば、それは大きく報道してあげてもいいと思うんですけど、この被害者の人が知らないところで、これだけの報道がされるって私、週刊誌のあり方もどうかと思うんですよね」と意見。

マツコは「A子さんが『不本意だ』っておっしゃってるわけだから、本人の所に確認が行ったのか行ってないのかってのが分からないわけじゃない。ようは、『こういう記事が載せたいんだけど、どうですか?』っていう確認がA子さん自身のとこに行われたのか?」と疑問点をあげ、続けて「もちろん彼のしたことは悪いし、この報道自体をするなっていってるわけじゃないんだけども、もしその手順をふんでないんだとしたら、そうとうメチャクチャよね。やってることが」と呆れる。

さらに「だからそこが許されてるんだとするならば、まあ週刊誌だけじゃなくさ、私たちも反省しなきゃいけないところはあるんだけど、やっぱりメディアに出ている人間同志でやり合うんだったらいいけど、そうじゃない(一般)人で言うのって軽々しく触れるべきではないんだと思うのよ。それをちょっとやり過ぎではあるよね」と訴えた。

「人のことをさ、糾弾してアレコレ言ってるわりには、ちょっと自分たちも相当ヒドイことやってんじゃないの?とは思うよね」と自らも含めて報じる側に苦言を呈すマツコだった。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ