橋本環奈のマネジャー、業界では「悪態」で有名も、「いいマネジャーじゃん!」と世間は意外と好評価!?

日刊サイゾー

2019/1/15 00:00


 福岡で活動する地方アイドルだった2013年、ファンが撮影した写真が偶然にも「奇跡の一枚」「天使すぎる」とネット上で出回ったことにより、その名を全国に知られることとなった橋本環奈。17年には女優業を本格化させるため、所属していたアイドルグループ「Rev.from DVL」を卒業。現在ではさまざまな作品で活躍の場を広げている。

そんな中、彼女の活躍に水を差す出来事があったと、「デイリー新潮」が報じた。

橋本のマネジャーといえば、Instagramにたびたび登場し、ファンの間では「美人」との声もある女性。昨年12月3日、ファンが橋本のSNSで「インスタライブ全然やってくれないじゃないですか!?」と指摘したところ、このマネジャーが「あなたに想像出来ないほど環奈は忙しいんでスケジュールと相談中なんですわ。(中略)私は急かされるとやる気なくすタイプなんでねぇ」(原文ママ)と逆ギレし、話題となったが、記事によると、このマネジャーの悪態は業界で有名とのこと。

橋本が出演映画の宣伝のために取材を受けた際、「『Rev.from DVL』だけではなく、アイドル関連の質問はNG」。また、「『奇跡の一枚』や『千年に一人の美少女』と書くこともNG」となったよう。その上、NG理由は橋本ではなく、マネジャーがこれらの質問をされると「不機嫌になる」という意味不明なものだった、と伝えている。

一見「やりたい放題」ともいえる橋本のマネジャー。しかし、ネット上の反応は、意外にも好意的のようだ。

「あるネットニュースのコメント欄には『マネジャーさん、いいじゃない(笑)。誰にも媚びずに自分の言いたい事言えばいいんだよ。気にしないでいいんだよ。言わせとけばいいよ』『タレントの代わりにマネジャーが嫌われ者になってるだけだと思うんだけど』『ファンのためにわざわざ返信するなんて、逆に感心すらしてしまうですけど』といった好意的な意見が続々。世間では敏腕マネジャーとして称賛されてましたね」(芸能ライター)

先日、NGT48のメンバー・山口真帆が暴行被害を受けていたことが発覚したが、ファン内外から運営側の対応に批判が起こっていることと比較すると、橋本のマネジャーぐらい、タレントに“過保護”なほうがいいのかもしれない。

ファンに暴言騒動を経て、“いいマネジャー”と評判になった橋本のマネジャー。この暴走ぶりで、橋本を守っていくのだろうか?

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ