好きと言えないのは本気過ぎるから? 彼が愛情表現しない理由




付き合っているにも関わらず「本当に私のことが好き?」といつも心配になってしまう恋愛ってありますよね。彼が素直に好きだと言えなくても、実は本気の場合も多いようです。

彼が愛情表現しない理由とは?

1. 彼女が大好き過ぎて恥ずかしい



彼女が大好き過ぎて緊張してしまうパターンもあります。「こんなこと言ったら嫌われるかな」などと余計な心配をしてしまうのです。
友達や好意の無い相手には冗談を言えるのに、本命で大好き過ぎると途端に本音を言えなくなってしまいます。本当の気持ちこそ言葉にできないもの。それだけ彼の真剣度が高いということです。
こんな彼は、長く付き合って緊張感がほぐれてきた時は愛情表現してくれるでしょう。

2. 愛情を察してくれると思っている

黙っていた方が男らしくてかっこいい、と当たり前に思っている男性も多いもの。そんな彼は、「一緒にいるんだから、愛していて当然」「好きだから付き合っている」と定義付けています。そのため、彼女に対しては何も言わなくても好きだと伝わっている、大切にしているとわかってもらえていると信じているのです。
女性からみれば、物足りないかもしれませんが彼としては真剣そのもののようです。

3. 真面目な自分を演出している



「大好きだよ、愛してる」とささやいてくれる彼。女性なら誰もが憧れてしまうワンシーンですよね。そんな理想のシーンも、彼にとってはチャラい彼氏のイメージなのかも。
真面目な男性は、女性のご機嫌を取ることやロマンチックなカップルの行動に対して「軽い」と思ってしまうことも。本命の彼女だからこそ、軽い自分だと思われたくないのです。二人の将来を考えているならより一層真面目になるかもしれません。

4. 恋愛慣れしていなくて不器用

どうしたら彼女に伝わるのか根本的にわからないというパターンもあります。
女性と付き合った経験が少ない場合は、彼女が喜ぶ言葉やポイントが本当に理解できないのです。もしくは、わかっていてもその場になるとはずかしくなってしまうなど、現実の行動に移せない場合も。とはいえ、女性慣れしていない不器用な彼の方が安心できる面も多いはず。
女性が喜ぶポイントを知らない彼の方が根本的には誠実かも?

5. 過去のトラウマがある



過去の彼女に一生懸命に尽くしたのに去っていってしまったなど、苦しい記憶が強い場合はいつまでたっても女性に不信感が。「女性は図に乗ると離れていく」「優しくした途端に変わってしまう」などマイナスの思考パターンが続くからです。あなたのことが好きだからこそ失いたくないという気持ちが強いようです。
こんな彼の場合は時間をかけて付き合っていけば彼女一筋のタイプになれるでしょう。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ