元AKB48西野未姫が“第二のまゆゆ”から“ブス枠”になった理由「15歳から17歳で15キロくらい太った」

AbemaTIMES

2019/1/14 22:00


 おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#97(毎週月曜よる9時~) が1月14日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。“ブス枠”として番組に呼ばれた元AKB48・西野未姫が、“第二のまゆゆ(渡辺麻友)”“次期エース”と呼ばれながら、“ブス”になってしまった理由を語った。

 現在19歳の西野は、「14~15歳の頃はすごく可愛かった」と振り返り、「道でも『まゆゆさんですか?』と言われるくらいだった」とおぎやはぎの2人に説明。しかし、「バラエティにたくさん出るようになったらファンが減ってしまった」「ファンが減ることにストレスを感じてどんどん食べたら、15歳から17歳で15キロくらい太ってしまった」と語り、「踊っていると衣装がはちきれちゃう」と当時のデブエピソードを告白。「映像を見て、ブスだなーと思ったら自分だった」と、“ブス”を実感した瞬間を明かした。

 それでも西野は「この(“ブス”メンバーの)中では一番可愛い」と、“ブス”としての出演に納得できない様子。しかし小木は、西野がブス扱いされても「(違和感が)そんなない」とあっさり“ブス”認定していた。

(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】元AKBブス襲来「私、美人枠ゲストかと思った」 おぎやはぎの「ブス」テレビ#97

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ